HOME   »  ビデオ・DVD
Category | ビデオ・DVD

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バーティカル・リミット』

 バーティカル・リミット.jpg
 『バーティカル・リミット』
 雪山でクレバス(巨大な窪み)に落ちて遭難した妹を救う
兄の活躍を描いた作品。
続きを読む
スポンサーサイト

『アメリカン・ビューティー』

 アメリカンビューティ.jpg
 『アメリカン・ビューティー』

 以前、アカデミー賞で何部門か受賞した作品だったよなあと
思い出したので、どういった内容なのか興味を持って見てみた。
続きを読む

『世界の料理ショー・青』

 世界の料理ショー青.JPG
 『世界の料理ショー・青』
 これは本当に面白い。まさにエンターテインメント!

 何年か前に総集編DVDボックスで発売されたが、
最近になって「傑作選」としてファミマで発売された。
 4つのエピソードが収録されていて、グラハム=カーのおしゃべりと
豪快かつ繊細な料理シーンを充分満喫できる。
 もちろん「スティーブ」ファンにもたまらない内容だ。 

続きを読む

『眠れる森』

 ―記憶だけは殺せない。

 まさに、この番宣コピーはこのドラマを端的に表している。
 現在、フジテレビで夕方に『眠れる森』が再放送されている。

 5年以上前にレンタルして見て、すっかりハマったサスペンスドラマだ。
 録画して見ているが、今見ても充分楽しめる、おすすめの一本。
 出演者は中山美穂、木村拓哉、仲村トオルなど。

 なんだキムタクが出てるのか、という理由で見逃すと損をする。
 脚本がよく出来ているから、ドラマの世界観に惹き込まれてしまう。 

 【あらすじ】
 実那子(中山美穂)は、浜崎(仲村トオル)との結婚を控えていた。
 そんなある日、実那子は昔もらった手紙に書いてある「眠れる森」へ足を運ぶ。
 そこにいたのは実那子の過去を知る男、伊藤(木村拓哉)だった。
 
 実那子は、15年前、ある事件の被害にあったが殺されずに生き残った。
 その事件とは、実那子の両親と姉が殺された惨殺事件だった。 

 結婚を控えた実那子に、仮出所した惨殺事件犯人・国分(陣内孝則)が
近づき始めた・・・。

 最終話で展開がああいうふうになるなんて思わなかったなあ。
 
 ちなみに『眠れる森』で使われているBGMも印象深い。
 
 この「黒の慟哭」は、このドラマでのスリリングな展開になると流れていて、
今でもそのドラマのシーンが思い浮かぶ。
 特に3:30からの盛り上がりなんてもう・・・。
 鉄パイプを持ったサンタクロースが、とか、血まみれになった犯人の顔が、とか。

 『眠れる森』の今日からの展開も見逃せないな。

『JIN-仁-』

 日曜21時からのTBS系ドラマ『JIN-仁-』が面白い。

 『JIN-仁-』 -TBS公式-
 http://www.tbs.co.jp/jin2009/
 『JIN-仁-』注目のラストへ-毎日jp-
 http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/manga/20091213/?link_id=REH04
 ↑これは提灯記事だけど。

 医学をめぐる江戸期の時代考証や生活背景、そして歴史上の人物との
関わりあいなども見ていて興味深い。
 ペニシリンの開発のストーリーは思わず「へぇ」と感心した。

 キャストは、内野聖陽演じる坂本龍馬が見事にハマリ役。
 この人、2年前の大河『風林火山』の山本勘助役も巧かった。

 来年の『龍馬伝』の主演は福山だけど、この内野版龍馬の方が
とても人間臭くて個人的には好きだなあ。
 
 ちなみに『JIN-仁-』以外で今見ているドラマは、『坂の上の雲』と『ライアーゲーム』。
 主演がどうのではなく、ドラマの肝はやっぱり脚本だと僕は思う。
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

_ ゴルファー

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。