HOME   »  イタリア
Category | イタリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

El Flaco「痩せっぽち」

 クーパストーレ01.PNG パレルモパストーレ.JPG
 Palermo#27 J.Pastore
 10-11シーズンHomeモデル

 アルゼンチンのサッカー界は、いつの時代でも
光り輝く才能を持った選手を擁している。

 セリエAのパレルモで活躍中の ハビエル=パストーレ もその1人だ。
 今シーズンは彼にとって飛躍の年となった。
 10-11シーズン終了後は、ビッグクラブに移籍するのかもしれない。

 調べてみると、香川真司と同じ1989年生まれ。 
 香川と共にパストーレも、クラブや代表できっと活躍していくのだろう。
続きを読む
スポンサーサイト

I=ZAMORANO 00-01

 サモラノエリカaa.PNG サモラノエリカ全体.PNG イヴァンサモラーノ.jpg

 Inter#1+8 イヴァン=サモラーノ 00-01シーズンHome
 (新作ではないのだけれど、以前描いたものをブログに
全然upしていなかったので、改めて記事にしたわけで。)

 チリ代表のFWで有名な選手といえば、このイヴァン=サモラノ
マルセロ=サラスだろう。
 98フランスW杯南米予選や本大会では、ZA-SAコンビとして活躍する。
 そのときのW杯グループリーグ初戦でのイタリア戦。
 
 ロベルト=バッジオが「4年越し」で決めたPKばかりが注目されたが、
僕は、このZA-SAコンビが奪った2ゴールの方が強く印象に残った。
 
 
 なぜインテルでの背番号が「1+8」なのか、といえば・・・。
続きを読む

1部昇格記念

 セシカッセッティ.PNG
 04-05シーズン USレッチェ#77 カッセッティ
 レドンド6さんのリクエスト。
 ビビッドな色彩のユニが特徴的な、イタリアのクラブ。

 カッセッティといえば、攻撃的なサイドバックで
現在はASローマに所属。背番号77が印象的。

 ちなみに04-05シーズンのレッチェは、監督がゼーマン。
超攻撃的な4-3-3は、彼の真骨頂。
 ウイイレ9でもこのフォーメーションは再現されていて、
4人のDFはセンターサークル付近にまで上がっている。
 在籍選手は、ブルガリアのボジノフ、現ASローマのヴチニッチ、
そしてアルゼンチンのレデスマがいた。

クッキアイオ

 トッティアリン全体.PNG トッティアリン000.PNG
 2010イタリア代表 #10 totti
 愛英さんのリクエスト。

 10番はディ=ナターレではなく、トッティがふさわしい。
 1990年代なら間違いなくR=バッジオ。

 南アW杯、グループリーグ敗退が決まったアズーリ。
 カンナヴァーロの衰えっぷりが目立ち、全く期待の持てない試合ばかりだった。

【削除】 インテル#4 サネッティ

 この作品は【削除】されています。
 エリカサネ00.PNG サネッティ.JPG
 セルデザ第24弾 「インテル#4 サネッティ」
 インテル ’09-10 Homeモデル

 インテルを象徴する選手といえば、サネッティ。
 豪快なドリブル、そしてキャプテンシーの権化。

 ACミランのバンディエラが、マルディーニならば
インテルのそれは、間違いなくサネッティに他ならない。
続きを読む
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

_ ゴルファー

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。