HOME   »  2008年04月
Archive | 2008年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暫定税率導入前日。

ガソリン、値上げ。

 「わわわ 燃料メーターが
  “E”になってしまいましたぞ」
 「なぁに 策よ
 ガソリンスタンドはもうすぐだ そこで満タンにすればよい
 明日から暫定税率が復活するのだからな」

 長野県はガソリン価格が高い。
 MSN 自動車 -全国ガソリン平均価格一覧-
 http://car.jp.msn.com/servicestation/gasaveragepricelist.aspx 

 明日から、レギュラー160円台になるんだろうな(--;
スポンサーサイト

雀・三國無双 -魏伝クリア-

 以前買った「雀・三國無双」、時間を見つけてはチマチマと打っている。
 
 このゲームの肝は武将のセリフである(下記画像参照。(c)koei)。
 陸遜は、リーチするたびに「朱然部隊に火計を実行」させようとするし、
呂布は「よくわからんが鳴いておく」し、馬超は「正義」「正義」となぜか熱い。
 陸遜の火計好きは、夷陵の戦いで劉備を破ったから、かな。 知力がいつも20台だから、仕方ないか(笑。 横山三国志で、馬超「むむむ」、李恢「なにがむむむだ!」のやりとりは有名。
  
 流局直前、甄姫(シン姫)の捨て牌をチーしたら、
 そりゃまあ、洗濯物はためちゃいけないけど。


 さて『雀・三国無双』はいろんなキャラの個性が出ているので、長く遊べるソフトだろう。  
 ゲームには3種類のモードがある。

 ・無双闘牌 ⇒曹魏・孫呉・蜀漢、それぞれのモードをクリアする。
クリアすると新デザインの麻雀牌をゲットできる。
 ・雀帝位戦 ⇒東風戦や割れ目など、様々なルールでの大会を行なって
ポイントを稼ぎ、「雀帝」という称号を目指す。
 ・自由対局 ⇒自由にメンツを選ぶフリー対局。例えば、
司馬懿・周瑜・諸葛亮といった軍師3人と卓を囲んで麻雀三昧。

 そんなこんなでようやく無双・魏伝をクリアした。
 曹魏最終戦では、“半荘2回でトータルポイントtop”がクリア条件だったのだが、
このクリア条件はしんどかった。
 魏の人たちはこんな感じ。
 雀無双曹操 曹操、そんなに驚かなくても…。
 雀無双司馬懿 この司馬懿の表情と台詞が良い。
 
 ネットでこのソフトの評価はイマイチのようだが、僕はそこそこ面白く遊んでいる。
 ただ、“ドンジャラ”レベルでは残念ながら太刀打ちできない印象を受ける。
 無双キャラが好き、という勢いで買ってしまった人にはかわいそうなぐらい
容赦ない敵将の「ロン!」が襲い掛かるだろう。

 せめて、初心者向けへの和了役や麻雀用語などのチュートリアルや、
難易度調整も必要だっただろう。
 例えば、孔明が講師役で、玄徳が生徒役、そんなチュートリアルが
あってもよさそうだが。

GWスーパークイズウィーク

 今年、フジテレビのGWはクイズ一色になるようだ。 
 GWスーパークイズウィーク
 http://wwwz.fujitv.co.jp/gw/index.html

 ふむぅ、クイズかあ。こりゃ、僕も負けてられませんな(笑。

 リンク先のフジテレビのHPを見て思ったのだが、
やはり「なるほど!ザ・ワールド」はキンキンと楠田枝里子が司会を
務めたほうが面白いのになあ。
 スーファミ版「なるほどザ・ワールド」
 ちなみに、「なるほど!ザ・ワールド」のスーファミのソフトを
僕は持っているのだが、キンキンが「な~るほどザワールドッ!」とか
「はい、違ったー」と、音声付きでしゃべってくれます。
 このソフト、今じゃ、中古ソフト屋でも見かけないかも…。

世間はそれをゴールデンウィークと呼ぶんだぜ。

 世間は、ゴールデンウィーク突入である。
 この時期はどこに行っても人、人、人だし、道路は渋滞するはで、
生活に支障をきたす時期…^^;
 しかし、この時期しか休めない人が多いのはどうしようもない。
日本の社会がこうなっているのだから。

 僕は最近少し気になっていたのだが、NHKやマスコミではこの連休を
「ゴールデンウィーク」と呼ばずに「大型連休」と呼んでいる。
 調べてみたら、きちんと理由があってのことらしい。
 
 NHK放送文化研究所「現場の疑問 Q&Q 視聴者の疑問」
 -「ゴールデンウイーク」「大型連休」どちらを使う-
 http://www.nhk.or.jp/bunken/research/kotoba/kotoba_qq_00040101.html

 つまり「大型連休」という用語を使う根拠は、  

 1.もともとは映画業界が作った言葉。
 2.「のんきに休めないのに、何が“ゴールデンウィーク”だ!」と、
   苦情が寄せられるから。
 3、カタカナ語を使いたくないし、言葉が長すぎて表記に困る。

 という理由からのようだ。

 確かに働いている人にとっては休めないのがこの連休なんだけど、
そんなことでNHKに抗議してもねえ。
 それに、一般に定着した「ゴールデンウィーク」という言葉を
あえて使わないなんて、NHKも不思議な組織だ。

 この「ゴールデンウィーク」という言葉1つから、 いろんな世の中の
考え方が読み取れてくる、そんなことを感じさせられるなあ。

「砂の器」

 レンタルDVDの紹介。
 「砂の器」
 砂の器

 以前、TBS系列で放送されていた松本清張原作のドラマです。
 中居正広や渡辺謙、松雪泰子らが出演しています。

 どうやら原作とは大幅に内容が異なっているようですが、
中居版「砂の器」は印象に残ったドラマでした。
 忌まわしい過去を持つ男が、新たな人生を歩んでいく上で
犯してしまった、大きな罪。

 主演の中居君って、歌はイマイチですが役者としては輝いていますね。
彼が出た映画『模倣犯』も今度見てみようかなあ。
 ストーリー後半、苦悩するシーンが多いんですが大したもんです。
 また、それを追い詰める刑事役の渡辺謙の演技はさすが、と言えます。
 
 犯人の謎を解くきっかけが上手く出来すぎているような(電車から
証拠品の・・・、というシーン)と思いましたが、 犯人と刑事それぞれの心情までもが
見事に表現されている、見応えのあるドラマです。

NHK「人形劇三国志」を見る

 僕が「三国志」を好きになったきっかけは、昔NHKで放送していた
人形劇三国志」を見てからだ。
 今でも、当時の放送の一部を録った8mmビデオテープを持っている。
 三国志OP  今でもちゃんと見られる8mmテープ
 あ、ピンボケしてるし、汚い字だな^^;
 人形劇とはいえ、そのクオリティは高く、人形劇の大河ドラマといっても
過言ではないだろう。
 
 ビデオに録ってある画像の一部を紹介。(第31話「謎の水上大要塞」から)
 人形劇孔明 紳々と竜々
       ↑孔明      島田紳助と松本竜介(司会進行役)
 
 人形劇とはいえ、今観ても充分面白い。
 それに声を吹き込んでいる俳優がとても素晴らしいのだ。こんな豪華な面子で製作したなんて、
さすがはNHKの本領発揮といったところか。 

 劉備=谷隼人 (「風雲!たけし城」での活躍も、今は昔…。)
 関羽=石橋蓮司 (ベテラン俳優。シブい低音ヴォイスが関羽にぴったり。)
 張飛=せんだみつお (いまだに彼を越える張飛の声は見当たらない。)
 諸葛孔明=森本レオ (適役。ゲームや小説でのテキストが、レオ孔明に聞こえてくる)
 曹操=岡本信人 (某ドラマ「渡る世間は~」での出前の人。ギャップありすぎ、笑)

 GWのスケジュールは、人形劇三国志を見たり、クイズを作ったり,
積ん読ばっかの本やDVD観たりといった感じ。
 ちょこちょこ出かけたり遊んだりするけど、どこ行っても人が多いのよね^^;

パンヤでの大会受賞データ

 このブログも始めてから2ヶ月以上が過ぎた。

 正直、どこまで続けられるか手探りの状態で始めたんだけれど、
ブログ更新するのって面白いかもと思うようになったし、皆さんからいただく
コメントがブログを続けるモチベーションの1つになっている。
 
 そんなこんなでブログ開設当初の記事を漁っていると、
こんなキャプチャを載せていたことがあった。

 大会受賞データ080218 ⇒これは約2ヶ月前の僕の大会受賞データである。

 ちなみに今のデータはこうなっている(4月24日時点)。
 大会受賞データ080424
 3月中はTMDイベントに傾注していたため、大会は行なっていなかったので
飛躍的に受賞数を伸ばしているわけではない。
 それでも、「スピーダー賞」を一番受賞していることが分かる(「202回」⇒「220回」)。
 
 今日になって気づいたけど、「ベストチップイン賞」10回にリーチがかかっている(5回⇒9回)。
 まぐれでしか受賞できない「チップイン賞」だが、5月中には10回を達成したいものだ。

峠の釜めし

 峠の釜めし
 中央高速道路・諏訪インター近くには「おぎのや」という
ドライブインがあり、そこの名物といえば「峠の釜めし」である。
 これまでに1億個以上が販売されていて、百貨店・デパートでの
駅弁大会では常連だという。
 
 おぎのやホームページ
 http://www.oginoya.co.jp/index.html
 
 十何年かぶりに「峠の釜めし」を食べた。
地元の名物って実はあんまり食べることがないもんだなあ、と改めて思った。
 相変わらずの味というか、いたって普通なので驚くほどのインパクトはない。
 でも、これこそが長年親しまれている理由のひとつなのかも知れない。
 
 でもこれ普通に買うと900円するんだよな^^; ちょっと割高かなあ。

砂浜の墓標

 TMD・水平線のトーナメント1回戦を行なった。
 長野県ナンバーワンの座はどちらが手にしたのか。
 セシリアvsアリン 水平線の結果
 菊の季節にサクラが満開、ではなく、まだサクラの季節に水着が満開である。
 結果は、残念ながら敗北。
 コース順:14・9・17・2・7・15H。

 9番ホール。
 僕の第2打がグリーンオーバーして、チップインが決まらず1DOWN。
 2番ショートホール。
 風1mという絶好のアタック、HIOチャンス。アリスさんがこれを難なく決めるも、
こちらは決めることができず2DOWN。
 このシーンを川平慈英が見ていたら、あのテンションで
「くーっ!! なぜ決めない、ゴルファー!!」と日本代表FW陣に対する口調で
言ったに違いない(ぇ。
 ということで、終始堅実なラウンドをしたアリスさんが勝つべくして勝った内容だった。

 さて、これでコンソレーション参加が決まったわけだ。
 どこまで勝ち進めるのか、そんなプラス思考でやってみようじゃないの。

水平線の向こうに、君は何を見るのか。

 TMD・水平線のトーナメントが始まっている。
僕の初戦の相手は、深夜部更新部隊といえばこの人・aliceさん。
 果たしてどちらが2回戦・流音さんへの挑戦権獲得となるのだろう。

 TMD長野県代表の座をかけた熱き闘いが、太陽の光ときらめく波頭が
眩しいブルーラグーンで行なわれる(アリスさんも僕も信州在住)。
 …“海なし県”なのに、砂浜での決戦とはこれいかに。Sepia Windならば、
秋の信州とマッチしそうな感じもする。

 さて、予想イベント「波の預言者」では、惟吹さんとあゆちゃさんに
それぞれ5ポイントを賭けた。ブロック抽選の神の悪戯か、非常に予想は
困難なものだった。
 
 そういえば、先週ガチャレアが変更になった。
 どのキャラも凛々しい衣装だが、この紹介画像を見て僕の狙いは定まった。
 セシリアの衣装も良いんだけど、ここはダイスケ一押し。
 画像出典元
 http://www.4gamer.net/games/014/G001477/20080220003/screenshot.html?num=024
 ダイスケの「黒ひげ海賊船長」style、これしかない(現在はまだ未実装)。
それにしても船長なんだから、立ち位置をセンターに持ってくればいいのにねえ(笑。

 次回、ガチャ変更で実装されたらちょっとガチャを回そうと思っている。
 それまでに、どれだけガチャ補助券&ちょびリッチでポイントを集められるだろうか。

「ブエナビスタ・ソシアルクラブ」

  レンタルDVDの紹介です。
 「ブエナビスタ・ソシアルクラブ」
 ブエナビスタソシアルクラブ
 
 この作品は映画というよりも、NHKなどで放送されるドキュメンタリーと
いった感じの作品。
 今から10年ぐらい前にヒットしたアルバム「ブエナビアタソシアルクラブ」は、
キューバのおじいちゃんミュージシャン達が手がけたものなんだそうです。
 そんな彼らのレコーディングの様子やインタビューを中心に綴られていく内容。
 
 作品では、キューバ音楽がふんだんに溢れ、やや時代遅れともいえなくもない
ハバナの街並みを見ることが出来ます。
 そして、そこには老いてなお音楽を愛してやまないミュージシャン達がいる。

 「…人生は、歌と女とロマンスさ」
 うーん、なるほどねえ。きっと彼らには貧富の差や人生の悩みよりも、
“生きて演奏できること”が本当に心の底から嬉しいんだろうなあ。

 感動作というわけではないけれど(作品が長いので途中、だらけて
しまうのが難点)、見た後に印象に強く残る作品でした。

『沈まぬ太陽』

 ようやく司馬遼太郎・著「竜馬がゆく」を読み終えた。
ボリュームがあったせいか、読後の達成感は清々しい。
 竜馬の強烈な個性と生き様は、僕の心をグワシッと
掴んで放さないものがある。

 続けて司馬作品の「坂の上の雲」or「翔ぶが如く」を
このテンションのまま読みすすめようかと思っていましたが、
いったん歴史モノからは離れることにした。

 ということで、山崎豊子著・「沈まぬ太陽」を読みはじめた。
   沈まぬ太陽
 あらすじは、将来を嘱望された大手航空会社のエリート社員が
組合活動を理由に、中東からアフリカへと過酷な勤務を強いられながら、
この航空会社の腐敗を追及していく社会派小説。 
 作品での第3章「御巣鷹山編」は、あの日航ジャンボ機墜落事故が
取り上げられている。

 作品中に出てくる大手航空会社は「JAL」であり、
主人公も実在の社員がモデルとなっている。 

 そういえば、ホリエモンが拘置所にいるときに
この小説に感化されて、御巣鷹山に慰霊登山したという
ニュースもあったなあ。

 山崎豊子といえば『白い巨塔』や『華麗なる一族』で有名かな。
 どの作品でも言える事ですが、圧倒的な取材量と人物模様の
複雑極まりない世界を、よくまあここまで表現できるもんだと思う。

 ただ、この人の書く文章で気になるのが“読点”が多すぎて読みづらいことと、
会話文である「」内で“句点”が入っていないこと(=読点で済ませていること)だろう。
 これさえなければもっと良い文章になるのに、惜しいと思う。 

「せんとくん」

 ここ半年以上、パンヤをプレー中に接続が切れるということは
無かったんですが、昨晩プレー中に2回も接続が切れました><
 せっかく、ゆきさん・流音さん・あゆちゃさんと対戦をしていたのに…。残念。
 原因はよく分かりませんでしたので、そのままログアウトすることにしました。

 さて、話題のあのキャラクターの名前が決まったというニュース。
 以前、ブログで取り上げた「平城遷都記念事業」の
キャラクターの名前が「せんとくん」に決まったという。
 せんとくん
 なるほど、「せんとくん」かあ。
 無難なネーミングに落ち着いたという感じかな。
 投票で第2位になった「ナントくん」もいいセンスだと思う。「ナント」=710年に
掛けているのだろう。

 こちらのニュースサイトには、せんとくんの新図案・12パターンが載っている。
 毎日.jp -平城遷都記念事業:キャラの愛称は「せんとくん」 奈良-
 http://mainichi.jp/select/guide/news/20080416_0257.html?inb=yt 

 個人的には好きなキャラなんだけど、世間の風当たりはまだまだ
厳しいものが目立つ。
 おまけに、この図案や起用キャラに疑問を持つ人々が独自のキャラを
図案化しようとしているらしい。
 クリエイターズ会議・大和
 http://creators-yamato.net/
 
 公式キャラが決まったのに、なぜこのような運動を起こすのか理解に苦しむ。
 はっきり言うが、このような対立は何も生まない。
 一緒に盛り上げていけば、この記念事業もさらに一般に浸透して
成功に導くことができるだろうに。
 せんとくんの相方(彼女?)などのアイディアを提言するぐらいの
建設的な行動をとってもらいたいものだ。

タイヤ交換

 気温が20℃近くまで上がり、まるで初夏のような気候だった。
 湿気がまだまだ少ないので、チャリを漕いだり外を歩いたりしても
快適な時期である。

 さすがに雪の心配はもう要らないだろうと思い、タイヤ交換をした。
 そのままスタッドレスを履いていると、どんどん減っていっちゃうしね^^;

 今までタイヤ交換をガソリンスタンドなどでしてもらったことはなく、
自分で全て行なっている。
 他人にやってもらうと自分は楽チンで良いが、だいたい2000円前後は
掛かるから正直これはもったいない。
 
 全工程、40分ぐらいで終了。
 もう雪が降らないことを祈るばかりだ。

グリーンポンタのシールを買う。

 グリーンポンタのシール
 先日いただいた「春のポイントレース・第3シーズンチャンピオン」の
獲得賞品・25000ppで、グリーンポンタのシールを買った(365日分:16000pp)。

 25000ppをガチャで消費するのはもったいないと思ったし、
この記念を何か形にして残したいと思ったからである。残りのppは、
エアーナイト3のパワー値調整で使わせていただいた。

 さて、そろそろトマ出組での「水平線のトーナメント」が始まる。
 エントリーの顔ぶれを見る限り、今回の称号がクラメン以外の手に渡りそうで
興醒めしているのだが、称号はともかくとして、僕は僕なりに精一杯闘う。
 
 改めてエントリー表を見ると・・・僕の上にはアリスさん、下には流音さん。
 初戦はどちらのかたと闘うことになるのだろうか。

時空のファンタジスタ

 最近、「マジック」をテーマにしたテレビ番組って
あまり放送しないなあ、とふと思った。
 
 マジックといっても、マギー司郎の「今日って、“赤”は
お休みなのよ」と言って都合の良いマジックしかしないネタや、
ナポレオンズ(←個人的には大好き)のする演芸マジックではない。

 セロとかカッパーフィールドといった、 ちょっと派手な
演出プラス芸能人たちの大げさなリアクションが織り成す、
2時間ぐらいのマジック番組のことだ。
 
 で、ちょっと前にTVで観ていて、気になった人物がいる。
 その人物は「Dr.レオン」。今はどうしているのかな。
 http://dr-leon.jp/

 毎回マジックを決めるたびに「時空をとらえました!」
言って、ペットボトルの中の水を沸騰させたり、コンクリートの壁を
貫通して物を移動させていた(ような気がする)。
 で、マジックが決まると「コンプリート!」のセリフで締める。

 まあ、マジックなんだからタネは当然あるわけで、
そんなもの「時空をとらえる」ことなんてできないし、
「コンプリート」などと大げさに言って決める必要もあるまい。 
 それでもなぜか印象に強く残っていて、忘れることの
できないマジシャンである。
 
 余談だが、僕にとっての「ファンタジスタ」は
かつてのイタリア代表10番・ロベルト=バッジオである。
 ’94年アメリカW杯でのPK失敗、そして’98年フランスW杯での
復活…。いまだに忘れられない選手の1人だ。

コースレコード更新 -またまたIS-

 長かった信州の冬もそろそろ終わりである。
 桜の名所である高遠城址公園で開花宣言が、そして松本でも
ボチボチ咲き始めている。
 そろそろ、花見酒が待ち遠しいなあ(笑。
 信濃毎日新聞 -信州の花だより-
 http://www8.shinmai.co.jp/flower/2008/04/09_007050.php

 さて、パンヤ。
 ガチャPPを毎日20回前後回しているけれど、透けてるアイツが
当たる気配が無い(--;

 そんなこんなでPPがチャを回していると、パンマス1個と
水アズ1個が当たった。
 “今後のPPガチャ資金のために…”と目論んで、IS野良大会へ。

 PP稼ぎが目的だったが、スコアもなかなかいい感じで
ラウンドを進めることができた。
 ということで、先日に引き続いてISのコースレコード更新である。
 スコアは29アンダーをマーク。おまけに、45本目のHIOも^^
 is-29 hio045
 この調子で、IS以外でどんどん更新していきたいものだ。

フライドチキンの各部位正式名称

 4月なのに年末の話をしても仕方ないんだけど、
クリスマスあたりになると「フライドチキン」が無性に食べたくなる。
 その時期になると、あのカーネルおじさんチェーン店がCMを
バンバン投下するので、それに洗脳されていると思うが^^;

 ただ、骨付き肉を見ると思わず “美味しそう” というイメージが沸き、
それに喰らいつくorしゃぶりつくという行為は、おそらくヒトが
有史以前から持っている本能かもしれない。

 さて身近にある骨付き肉といえば、その代表格は
やはりフライドチキンであろう。
 日本ハムの「チキチキボーン」ではボリューム面でちょっと物足りない。
 
 そんな「フライドチキン」に各部位の正式名称があるという。
 一介の雑学好きとしては押さえておかねばなるまい。 
 フライドチキン(c)秒ナビ -フライドチキンの各部位正式名称- 
 そうそう、この「キール」っていう部分がさっぱりしていて美味しいんだよなあ。

「パンヤ」にライバルが出現!?

 む? ロゴが英語に、そしてエリカとケンのグラフィックが変わった!?
 セガスプラッシュゴルフ・バナー・・・SEGAがオンラインゴルフゲームを正式オープンさせる。
 セガ スプラッシュ!ゴルフ 公式サイト
 http://splashgolf.jp/members/

 今はオープンベータサービス期間中のようで、IDを登録すれば、
ソニッククラブセット&SCが100ポイント(=パンヤでの「CP」にあたる)が
もらえるそうだ。
 なお、公式サイトでは、使えるキャラクターやキャデイの紹介(一部)を見ることができる。

 ・キャラクターの一人・ショコラ
 ショコラ
 似ている。
 これって、どう見ても髪を染めた「クー」だよなあ。

 僕はまだ実際にプレーをしていないので、詳しいところは不明だが、
将来「パンヤ」を脅かすゲームとなるのかどうか気になる存在である。

 さて、このブログを書いていて思ったのだが、ゴルフゲームに出てくる
キャラには「予定調和」というか「お約束」があるようだ。
 
 まあ、男性キャラだけとか女性キャラだけのゴルフゲームは
遊びたいと思わないし、牛や馬なんかがゴルフクラブを握っている、というのも
ゲームとはいえ感情移入しがたい^^;

 ・・・ゴルフとは全然関係無いが、お昼のNHKで放送している
「生活“笑”百科」は、予定調和の代表的な番組だと思う(けっこう面白い)。
ああいうベタっぽさ、いつまでも続いて欲しい(笑。
 
 上沼恵美子の芸能生活も、あの番組がある限り安泰だろう。 
 うーん…。こういうこと感じるってことは、僕も歳を食ったということかな^^; 
 

【ゴルフゲームにおけるキャラクターの構造】
 A)元気な少年
 B)活発な少女

 ・・・A・B両者は最初から使えるキャラクターであることが必須。
   能力値は変わらないことが多い。

 C)年齢が幼い女の子
 ・・・B)よりも年齢が若いことが必須条件。髪が長めのこともある。

 D)20代ぐらいの女性
 ・・・髪がブロンドであることが多い。
   B・Cでは背伸びしても出せない、大人の色気を演出。

 E)クールorイケメンな男性
 ・・・筋肉質だったり、不思議な過去を持つ設定が多い。  

 F)おじさん
 ・・・スピン値が高かったり、パワー型だったりなど癖がある。
   万人受けはしない残念なキャラ。


 いろいろ書いてはみたものの、結局は個人個人が好きなキャラを使い
楽しくプレーできる、そんなゴルフゲームがあれば幸せなのだ。

 果たして、SEGAの運営チームはバグ対策をきちんと行なえるかどうか、
そしてパンヤ人口がSEGAへ流れるか、しばらくは様子を見ていきたい。 

春のポイントレース -最終結果-

 遅くなってしまったけれど、TMD・春のポイントレース最終結果と
自分なりの感想や考察を書いてみる。

 【31試合目】 vs 斗星さん
 斗星さん 3月30日
 この試合がポイントレースでのラストマッチとなった。
 幸先よく1ホール目で1upを獲るも、その後は斗星さんのHIOが
決まったり、僕のがミスったりなどで結局は3DOWN。
 PPでもこんなに差がついてしまっていたのか><

 ということで、最終結果は以下の通りである。

 通算31試合:10勝21敗(最終成績) 
 ボーナスポイント内訳:称号撃破7P+3月度イベント出席2P
 ゾロ目PP:無し
 アイテムドロップ数:76個
 アルバトロス数:1本
 MP算出式=(勝ち数-負け数)×3+試合数×2+『ボーナスポイント』
          ∴(10-21)*3+31*2+9
        =39。ポイントレースでは第25位だった。


≪ポイントレースを通じての感想≫
 ・アイテムドロップ数チャンピオン。
  ⇒これは正直、嬉しかった。…「76個」だもんなあ。今でも信じられない。
   ラルフさんとのISマッチで箱が「8つ」出た頃から、ドロップ数を意識し始めた。
   運の要素にも助けられて、topになれたのは光栄である。

 ・マッチの勝率が、0.325。
  ⇒もうちょっと勝率は欲しかったが、これが今の自分の実力だ。
   大事な場面での勝負根性がない=「くっ! ガッツが足りない!!」(c)キャプテン翼
  という感じ(ぇ。
 
 ・試合数が31試合。
  ⇒闘ったメンバーはある程度固定化されてしまい、新人さんやその他クラメンとの
   試合をもっとこなしたかった。
   ただ、1試合=約20~30分というのを考えると、ある程度まとまった時間での
  ログインが必要。
   それに加えて、僕自身の積極性と、このイベントを盛り上げる意気込みが大事だ。
   他のクラメンを引きずり込むくらいの勢いを僕が持っていれば、試合数はさらに
  伸ばせただろう。 

 ・シーズンチャンピオン制
  ⇒この制度は良かった。
   1ヶ月という長期間のレースなので、モチベーションが下がる時期がある。
   そんな中での「シーズンミッション」というのは、これを目標に闘うことができるので
  各自の戦略も立てられるし、チャットでの共通ネタにもなった。

 
 なにはともあれ、春のポイントレース、本当にお疲れさまでした^^
 集計してくださったクラメンさんには感謝しています。
 闘ってくださった方々、どうもありがとうございました。

 さて次の舞台は、太陽と浜辺が燦然と輝く「水平線のトーナメント」である。
 久しぶりに水着をタンスから出してこないといけないんだけど、
メインキャラである、ダイスケの水着がない^^;  セシリアorクーでの参戦となりそうだ。

TMDクイズ王決定戦~4月号

 
 「TMDクイズ王決定戦~4月号」を作りました。
 難易度は、先月に比べたら易しいかな。

 小さい頃からクイズ番組ばかり観て育ってきたので、
余計な知識ばかり頭に詰まってしまっています。

 そういう知識を頭にインプットするのはそこそこ自信がありますが、
こうやって「クイズ」としてアウトプットするのは、自分なりに気を遣います。
 “この問題文できちんと意味が伝わるかな”とか“ジャンルが偏らないように
しないとなあ”とかね(笑。

 なお、本当は「書き込み式」でのクイズを作りたいんですが、
まだwebでの動かし方がよく分からない(←勉強不足)&4択クイズ形式の
「けんてーごっこ」だと見栄えが良いので、これに頼ってます^^;
 
 時間ありましたら、クイズにぜひ挑戦してみてくださいね。

コースレコード更新 -IS-

 普段、スピーダーばかりを狙っているせいで
大会での記録更新は、ここ半年ほど無かった。

 そんな中で久しぶりにコースレコードの更新を達成した。
 コースはIS。27アンダーである。
 IS-27
 スピーダー&ベストチップインのダブル受賞って、レアなケースだなあ。

 「パンヤ」において僕は上手い技術を持っているわけではないので、
こういった記録更新は素直に嬉しい。
 他のコースでも更にスコアがアップするように頑張っていこう。

「空気読み力テスト」

 KY
 僕は普段からKYだと思っているんだけれど(笑、
このテストを受けてみたら意外な事実が判明した。

 「空気読み力テスト」
 http://www5.big.or.jp/~seraph/zero/ky.cgi
 
 このサイトを簡単に紹介すると・・・
 「空気読み力」を構成する5つの要素--「空気支配力」、
「人間洞察力」「文脈把握力」「会話柔軟力」「TPO力」を
教えてくれる。
 そして、総合点である「空気読み力」を(Aクラス/一般人)、
(Bクラス/軽度KY(空気読めない)などを明らかにしてくれる

・・・というものだ。 

 テスト結果の信憑性については疑問が残るので、
鵜呑みにしないほうがいいと思うが、とりあえず
こんな結果が出た。(結果を画像としてupしておきます)

 むむむ、一般人並みに空気が読めていたのかあ。
 「文脈把握力」のみが飛び出ているけど、あとはだいたい
平均ちょっと下回るぐらいかな。
 それでも、「TPO力」が低いのは自分でも納得できるのよねえ^^;

1週間ぶり。

 1週間ぶりのご無沙汰です。
 俗世(?)を離れ、この場所で“缶詰め”という感じの
セミナーだったわけで。
 
 スキーやスノボもしてきましたが、今年はやっぱり雪が多い!
 (あいにくデジカメを忘れてしまったので、写真撮っていません><)
 これならゴールデンウィークまで雪量十分だと思います。

 パンヤに、INしようとしたら「スケポン」実装の文字が。
 この能力値だと、キューマやドルフの存在が薄くなってしまうな…。
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

_ ゴルファー

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。