HOME   »  2008年07月
Archive | 2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイズを作るということ

 クイズを作るということは、苦しくて楽しいものなのかなと最近ふと思う。
 (M的要素が強いせいか、笑)

 「苦しい」というのは、出題ジャンルの偏りを極力なくすように心掛けたり、
理解しやすい問題文を作ったりすることである。
 反対に「楽しい」のは、クイズを通じて自分の知識や興味を
アウトプットできる場を得られるからだ。

 僕は普段から、ニュースやネットでついついクイズのネタに
なりそうなものを探してしまうことが多い。
 そんな自分がちょっと滑稽にも思えるが、いろんなアンテナを
張っておくことはクイズ作りで大事なことである。
 
 で、クイズになりそうな「事象」や「言葉」を見つけたとする。
 例えば、今日は「イチローの日米通算3000本安打達成」という
ニュースがあったので、その話題からクイズを作るとこんな感じになる。

 ex.)日米通算3000本安打を達成したイチロー選手が、日本で
    所属していたプロ野球チームはどこでしょう?

 とまあ、こんな問題を作ることができる。

 答えを導くため、そこからどういった問題文を作っていくか、
自分の文章力や表現力が試される。
 クイズ作りは、文章力を鍛える一種のトレーニングとも言えるだろう。

 ・・・クイズについて書き始めていたら何だか長くなりそうな内容になってきたので、
ここで一旦切ります。
 次回は、クイズの「作り方」について書いていくつもりです。 
スポンサーサイト

コナミックスポーツ・イン・ソウル

 もうすぐオリンピックが開幕される。
 オリンピックといえば、それに関連したグッズ(ピンバッジやTシャツ、キーホルダーなど)も
販売されるのが常である。

 そんなオリンピック関連商品の1つに「ゲームソフト」が挙げられる。
 もちろん今回の北京大会を舞台にしたゲームがニンテンドーDSやWiiで
販売されている。
 
 …今をさかのぼること20年前、僕らの間ではこんなゲームが流行っていた。
 それは「コナミックスポーツ・イン・ソウル」である。 
 コナミックスポーツ・イン・ソウル
 ソウル競技 ハードル競走 ←ハードル競技
 競技種目は12種類。
 TAEKWONDO(テコンドー)が取り入れられているのが、いかにもソウルらしいけれど
やはりJUDO(柔道)を入れて欲しかったなあ。
 
 ボタンの「連射」そして「タイミング」こそがこのゲームのキモだった。
 ソウルの熱気は日本海を渡って、この信州の片田舎にも伝わってきていたのである。

アタック25 -地図クイズ-

 ニコニコ動画でこんな動画がアップされていた。
 アタック25 地図クイズだけをあつめてみた
 (右下の鳥みたいなアイコンを押せば、画像上を流れる
コメントを消すことができます)。
 
 個人的にはKOEI「大航海時代2」を飽きるほどプレーしたので
世界地理は得意なんだけど、日本の都道府県が意外と難しい。 

 8:11~
 ⇒北極点からスタートするのは、難易度が高いなあ。
 8:57~
 ⇒正解のオーストラリアを「中国」と間違えるのは、アナウンサーとして
どうかと思う(^^;
 17:42~ 
 地理の問題でチリと答えた、ってダジャレのセンスが児玉テイスト(笑

「第26回クラブトーナメントマッチ」に参加。

 第26回・クラブトーナメントマッチに初めて参加した。
 出場が決まったからには「ベストスピーダー」を狙うのがノルマだと
自らに課していたので、意気揚々とCTMに臨んだ。

 はじめにその結果から。
 第26回CTMリザルト
 完走者119人中、108位という惨憺たるものとなってしまった。
 さらに悪いことにショートホールで山にショットを当ててしまいO.B.…。
ここで痛恨のボギーを喫してしまい、ベストスピーダーすら獲れずに終わってしまった。
 
 それでも15番ホールで、意地のアルバトロスを取れたのが
今CTMで唯一のきらめきか。
 第26回CTM 
 個人的には、悔いの残るCTMとなってしまったのが残念だった。

暑い

 所用で“信州の鎌倉”こと、上田に来ています。
 もうとにかく暑い。盆地特有のムワッとした湿気と熱気がすごい。
 40℃
 なんと外気温は「40℃」
 いつになったら涼しくなるのやら…。

『クライマーズ・ハイ』

 友人が『崖の上のポニョ』を観に行ってきたという。

 抑揚のないというか、盛り上がりに欠けるストーリーだったらしく、
親世代ならばともかく今の子供たちに受け入れられるのかなあと
話していたのが印象に残った。

 僕は“ジブリ作品は地上波で見れば充分”という人間なので、
わざわざ観に行くことはしない。
 「あの作品ってさ、3年後ぐらいには日テレで放送するし、
あのテーマ曲のこと、みんなでやいのやいの騒ぎすぎじゃないの?」と
僕は話したけど、これは観た人にマズイことを言ってしまったと後悔(--;

 ところで、個人的に見てみたい映画がある。
 それは横山秀夫原作の『クライマーズ・ハイ』だ。

 原作を読んでみたけれど、新聞記者、そして1人の人間として
日航機墜落事故を追っていく姿が非常に興味深くて一気に読了してしまった。
 実際の報道現場の一部ってこの作品の内容みたいな感じなのかな。

 以前読んだ『沈まぬ太陽』は日航社員の立場から、そして今回読んだ
『クライマーズ~』は地方紙記者の立場から描かれている。
 そんな両者の立場の違いを読み比べてみるのも良いと思う(小説を通じて、だが)。

 作品を読んでしまった以上、そのイメージが強くこびりついてしまっているし、
2時間ちょっとでこの作品全体を表現できているのかは分からない。 
 ただ悲しいことにこの作品の上映館が少なく、きちんと設備の整った映画館となると
佐久でしか見られない。これだから田舎は…。

52本目&スキンス

 ようやくダイスケでHIOを決めることができた。これで通算52本目。
 水着で拳銃所持、というのも、なんだかヘンテコな衣装の組み合わせだが(^^;
 hio052

 そしてクラブイベントで、スキンスモードを体験した。
 僕のような腕前では、カモにされて身ぐるみはがされる状況が予想されるので、
スキンスは野良で全く遊んだことが無い。
 勝手知ったるクラメンならば安心明朗会計で遊べるというものだ。
 スキンス080719
 スキンスの舞台は「砂」となった。
 3者ともDRAWが続いたが、最終ホール2打目でボーさんの
華麗なるバナナシュートが決まって勝負あり。結局、1440ppの負けとなった。

 こうやって普段できない遊び方ができるのも、クラブに所属しているおかげであろう。

Answer×Answer

 先日、高校野球の観戦帰りに久しぶりにゲーセンに寄ったところ、
こんなクイズゲームがあることを初めて知った。
 そういえば母校は、高校生クイズに出場したことが何回かあったなあ。
 
 ネットワーク対戦クイズ Answer×Answer -SEGA-
 http://anan.sega.jp/index.html 

 同業のライバルである、KONAMIの「クイズマジックアカデミー」に比べると
地味な印象を受ける。
 ただ、クイズの出題形式はいろいろあったし、筐体に早押しボタン(←これが
あるので「クイズ」の雰囲気が増す)があるので、僕としてはAn×Anの方が
面白く感じられた。

 そんな「An×An」を数回プレイしている中で、来月のクイズ大会に使えそうな
出題形式を見つけることが出来た(パクってごめんね、SEGAさん)。 
 新クイズ形式「チキンレースクイズ」が登場
 http://anan.sega.jp/about_premium.html
 
 誰よりも正解の数字に近ければ勝ちだが、正解より1つでも数字をオーバーすると
負けというルールである。答えた数字がぴったり正解の場合は、もちろんその人が勝利と
いうわけだ。
 
 例えば「日本の都道府県の数は?」という問題をチキンレースクイズ形式で
出すとしよう。(正解は「47」である)。
 チャットで「48」以上を答えた人は即アウト。
 一番速く「47」と打った人が勝つわけだが、もしこの問題の答えが分からなくても、
とりあえず数字は答えてもらって、その中で「47」に一番近い人を優勝とする。

 これならば、前回の早押しクイズのような“誰も正解が分からなくて、
問題がスルーされる”という状況は回避できるし、決勝問題も1問出題するだけで
良さそうである。
 
 こういったイベント向けのクイズ形式は、自分の中だけでは考えることは
できなかった。久しぶりにゲーセンに行くことで、ある意味で収穫があったといえよう。

Take Me Out To The BallGame

 母校の高校野球・県大会の応援に出かけてきた。
 今日は準決勝であり、甲子園出場まで残り2試合、
お互いの意地やプライドがぶつかる。

 序盤は取って取られての攻防となり、同点のまま最終回へ。
 そして9回裏・2アウト満塁―。
 あと1人を討ち取って延長戦になるかと思ったのだが、
ここで相手高校にヒットが生まれて、母校は残念ながら
サヨナラ負けとなった。
 一瞬静まりかえる応援席、そして涙と拍手がそのあとに続く。

 炎天下の中、声を枯らさんばかりに懸命に応援する控え選手たちの姿、
そしてブラスバンド部の演奏は、きっとナインたちの支えになっていただろう。
 
 10代のひたむきな姿を見て、さわやかな印象が残った。
 試合は負けてしまったけれど、今年のこの熱戦は忘れまい。

 野球といえば、野茂投手が引退を発表した。
 sfami3野茂 「スーパーファミスタ3」での勇姿。

 これぞプロといった真面目な姿勢や、何事にも動じずに自分の道を
貫くスタイルが個人的には好きだっただけに残念なニュースだった。
 やはりケガや手術などで戦列を離れると、なかなか試合勘を取り戻すのは
難しいのかな。選手生活の晩年は思うような結果が残せなかったし。

 桑田、そして野茂の引退。
 僕の中でひとつの時代が終わっていく、そんな切なさを感じる今シーズンである。 

夏の日の2008 -based on Pangya-

 「夏」といえば、金鳥であったり、高校球児たちの熱闘が繰り広げられたり、
TUBE・前田の出番だったりする時期だ(もちろん、冬は広瀬香美が“お約束”であろう)。

 さて、パンヤでは新作水着の実装が行なわれ、夏らしいファッションが
あちらこちらで見られるようになった。
 クーのシークレットを見たけれど、ああいうものはセシリアがふさわしいんじゃないかな。 
 
 先月に配られた10CP割引クーポンで、「ガチャ券5枚つづり」を買っておいたので
何が当たるのか挑戦してみると、5回挑戦して2つのレアをゲットすることができた。
 コストパフォーマンスの面(=90cp)から見ると上出来な結果と言えるだろう。
 それにしても、セシリア水着の一発ツモには驚かされた。
 あの山本高広でなくても思わず「キター」と言ってしまうぐらいのクジ運の良さであった。

 そんな新作水着をキャプチャでペタリ。
 セシリア2008水着 エリカ2008水着 ダイスケ水着
 女の色香に惑わされず、今年の夏はダイスケでコースを駆け抜けよう(笑。
 実はこのダイスケの格好だと、パワー30、コント・23なので「スピーダー仕様」と
言えなくもない訳で。 

GM大会に参加。

 7月16日午後9時ごろパンヤにINすると、ミンティ>イベント3にて
GM・ワッフルによる250人大会部屋が建てられていた。

 選ばれたコースはBL。
 早速、僕も参加して“スピーダー狙い”を目指したのだが、
OBを出してしまったのでスピーダー賞は獲れなかった。
 (全体で2番目にホールアウトできたのに…。その1打が悔やまれてならない)

 ちなみに1番ホールを終わった時点では、僕がtopだった(笑。

 GMc01
 その後は、坂道を転げ落ちる石のごとく僕の順位は下がっていき、
最終的には150位ぐらいであった。

 スコアは19アンダーで平凡だったが、雨の14番ホールで
素コロEAGLEが決まって、大量のPP獲得。
 BLでの「最高獲得PP」を更新できたのが、このGM大会での
収穫だったかな。
 GMc02

 ちなみに、今日(7月17日)もGM大会があるそうですよ(時間や場所は不明)。   

目指せ11秒台

 パンヤでの個人情報を見ていたら、以前よりも「平均打球時間」が
0.2秒早くなっていたことに気が付いた。
 目指せ11秒台
 7月16日時点で「12.3秒」となっている。
 おそらく200万キロヤード達成のため、やみくもに大会で打っていたのが
その一因かな。
 ちょうど5ヶ月前の2月17日時点では「12.5秒」だった(過去のブログにも
そんなキャプチャが載っている)。
 
 11秒台を目指すとなると、やはりコント値を下げないといけないだろう。
 ちなみに僕のステータスは、パワーが28でコントが25というのが標準で、
これならトマやスパもストレス無く成功させている。
 これからコント値を24、23…と徐々に下げていって、試行錯誤を重ねるのも
スピーダーにとっては楽しみの1つになりそうだ。
 
 そういえば最近はPPガチャでレアの波が来ている。
 立て続けにダイスケ、セシリアの虹羽根が当たった。
 ダイスケ虹羽根  セシ虹羽

 デザインもなかなか良いし、これはこれで重宝しそうである。
 ああ、それでも透けポンの影はつかめないなあ。

5秒スタジアム

 “5秒ジャスト”を極める玩具『5秒スタジアム』 -Exciteニュース-
 http://www.excite.co.jp/News/bit/00091213270723.html

 イギリス出身の登山家のジョージ=マロリーは、
「なぜエベレストに登るのか」というニューヨークタイムズの問いかけに対して
こんな名言を残している。
 「Because it is there.」(そこにそれがあるから)。

 5秒スタジアムで“5秒ジャスト”を目指して何度も何度も
アタックしているときに、僕の脳裏にその言葉がよぎった。
 このおもちゃさえ無かったら“5秒”にこれほどまで執着することなんてない。
そこにそれがあるから、人は“5秒”で止めたくなるのだ。
 
 こちらのサイトで5秒ジャストを目指して遊んでみてください。
 5秒スタジアム -5秒で止めるフラッシュゲーム-
 http://www55.channel.or.jp/5/ 
 
 僕は20回ぐらいアタックして、ようやく達成しました。
 5秒スタジアムhttp://www55.channel.or.jp/5/5/1620/(認定証URL)
 

『怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか』

怪獣
『怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか』

 この本の帯では、
“ゴジラ、ガメラ、キングギドラ。。。
 ----潜在脳に語りかける「音」の正体とは----
 まったく新しい、ことば理論”と紹介されている。

 言語学・心理学の観点から、言葉の響きによる効果をまとめた内容。
 「車の名前にはCがいい」、「女性雑誌の名前はNとMが売れる」、
「人気怪獣の名前には必ず濁音が入っている」などの現象を、
音のサブリミナル・インプレッション(=潜在的印象)から解明しようとしている。

 今までに触れたことはなかった分野なので、読んでいて新鮮な感じを受けた。
 ただ、筆者の根底にある考えとして、“日本語は世界の他言語より優れている”と
いうのが強く感じられるところがあったり、たびたび紹介される
“サブリミナル・インプレッション”のグラフが具体的に説明されてなくて、
理解するのにややこしい。

 とても興味のある内容で面白いのだが、筆者の主観的判断が多すぎて、
客観的なデータが少ないので、これを“新しいことば理論”と呼ぶことはできない。
 自己満足の域を出ない卒業論文、という印象を受けた。 

PJC・第3回チャレンジカップ

 PJCにおいて、「第3回チャレンジカップ」のエントリー受付が始まっている。
 PJC公式サイト -第3回チャレンジカップ-
 http://www.pjcweb.jp/2008/challengecup/

 今回の対象コースは「West Wiz」であり、上位陣のスコアは
相当ハイレベルなものになるものと推測される。
 僕としては、今回も参加賞のEP目当てのためエントリーしたわけだが。

 そういえば、パンヤ公式HPの改ざん問題は、
僕のPCにも悪影響を及ぼした。
 トロイ
 とりあえずはウイルス駆除&パスワード変更をしたが、
なんとも気味の悪いものである。

桃屋メガネ

 先日、クラメンのつららさん、毅也くんと対戦する機会があった。

 その時、つららさんが使っていたセシリアの眼鏡を見て
「これって“桃屋のキャラクター”にそっくりな眼鏡だよなあ」とふと感じた。
 桃屋のキャラクターの眼鏡!? ←この眼鏡が桃屋っぽい。

 まあ、セシリアの眼鏡から“桃屋”を連想してしまう、
自分の思考回路も悲しいけれど、どうも気になって仕方がない。

 早速、対戦後に桃屋サイトを見てみる。
 株式会社 桃屋
 http://www.momoya.co.jp/
 桃屋 
 メガネのサイズに両者の食い違いは見られるものの、鼻にちょこんと
掛かっている感じはよく似ている。
 自分としては「桃屋メガネ」と名付けたいところだ(正式名称は知らない^^;)。 

「Tomorrow」

 ドラマtomorrow

 「Tomorrow」という、医療ドラマが始まった。
 TBS 日曜劇場「Tomorrow」
 http://www.tbs.co.jp/Tomorrow2008/

 第1話の後半少しだけを見たのでどういう内容だったのかは
ほとんど分からないが、これを最初から見ていた妹の話では、
緊迫感があって興味を引くものだったらしい。
 
 TBS公式サイトを一通り見てみたところ、負債を抱えて
経営方針の転換をせまられている市民病院を舞台にした
社会派ドラマで、久しぶりの骨太な脚本である。

 僕は医療ドラマは好きなジャンルだし、絶望的に演技の下手な
ジャニーズタレントが出ていないようなので(←これだから最近のドラマを観なくなった)、
見るに耐えうるドラマであろう。

 「Tomorrow」、これからどういう展開になっていくのか楽しみなドラマである。 

KY

 「KY」といえば、「空気読めない」をローマ字表記した際の
頭文字をとったものであり、2007年9月に辞任した安倍首相に
関して頻用されて一般に広まったとされる。

 KY(c)INTERNET Watch -KY式日本語-

 さて7月7日、クラブ内イベント「多数決な夜」が行なわれた。
 
 最初の問題「漢字2文字で思いついた外国は?」の質問に
僕は「英国」と答え、初戦からつまづく(最多解答は「米国」)。
 
 「多数決な夜」は第7ゲームまで行なわれ、僕は優勝を1度勝ち取ることが出来た。
 副賞としてクスリ6種・99個詰め合わせセットをいただいた(アリスさん、
ありがとうございます^^)

 ちなみに、僕の答えで「多数決」に当たったものを挙げてみる。
・しめじ(近所のスーパーではだいたい99円で売っている。美味しい。)
・いちご(かき氷シロップの定番。舌が赤に変わる。)
・お前はもう死んでいる(「わが生涯に一片の悔いなし!」と迷ったが。)
・かりね(「雁音」の読みかた。)
・白(信州人だから「ソバの花」の色を間違えられない。)
・ハイハイ(「8181」の読みかた。)
・水(透明なもの。「空気」と迷ったが。)
・新潟(日本海に面している県。「福岡」と迷ったが。)
・チャーハン(個人的には「回鍋肉」が好き。自分もよく作るし。)

 とても楽しいイベントで、ゴルフとはかけ離れた内容のゲームができるのも
トマ出組ならではなんだろうなと思った。

emo

 以前、リンクさせていただいているgekiさんのブログで
「emo」というブログパーツを知った。
 この分析結果がけっこう面白くて、ついつい毎日気になっている。

 emo「エモ」 -ブログを書いたら自分が分かった-
 http://blog-emotion.com/emo/
 要は、ブログを使われている単語や絵文字の数、文章の長短などで
その人となりをあらわしてくれるものだ。
 
 自分の場合、心の成分(真面目度や積極度)は
ちょっと異なっているような気もするが、心の傾向(思考型、現実型)は、
だいたいこんなもんだろうと思う。

 調教のし甲斐があって(?)、ようやく「クイズ」という単語が
TOPに躍り出てくれたので、なんとなく嬉しい。
 これからどんな変化を遂げていくのか、emoの今後に注目である。

施餓鬼会

 菩提寺で、施餓鬼会(せがきえ)という行事が行なわれた。
 曜日に関係なく、七夕に行なうのが我が地域の習慣である。
 
 施餓鬼会については、こちらのサイトに詳しい説明が載っている。
 なむちゃんの用語解説 -施餓鬼会-
 http://www.jodo.or.jp/naruhodo/event/index16.html

 簡単にまとめれば、お寺(浄土宗or浄土真宗)の年中行事の1つで、
新亡の霊や先祖代々の諸霊を供養するとともに、無縁仏や餓鬼に
施しをする法要のことである。

 暑い時期の昼間に、黒のスーツを着るというだけでしんどいし、
なにより親類たちが一同に集まるので気遣いすることが多い。
 まあ、意外と早めに終わったのでそれはそれで良かったが。

mission completed!

 久しぶりに野良大会を連戦して、目標を2つ達成することが出来た。

 1つは、パンヤで現在開催中の「200キロヤード」イベントである。
「200キロヤード…、よく分からんがとりあえずプレイしてみますか」といった
感覚で始めていたものの、チェックポイントをクリアするごとにもらえる
アイテムでモチベーションが持続して、無事に終えることが出来た。
 
 200キロヤード達成
 200キロヤードを達成したので、「アタック25」の児玉さん風に言うと
「Pangyaシーズン4クローズドベータ、挑・戦・権、獲得ッ!」

 バグを直さぬまま(IC18番の謎の異次元OBとか、アリンのカツラが部分的に
禿げるetc.)シーズン4に突入するのは、いかがなものかと思うが、
今後の公式情報が気になるところだ。

 さてもう1つは、HIO50本の達成。
 ここのところ好調にHIOを出せていたが、50本目は野良で
51本目はクラメンさんとの対戦時に決めることが出来た。
 1日に2本決められるとは果報者だ。
 hio050 hio051
 50本目はアリン、51本目はセシリア。
 本当は、あの水着姿のダイスケでHIOを決めたかった(笑。

 この記事を書いていてふと思い出したんですが、
お世話になっている、トマ出組に加入して2年が過ぎました。

 この2年間いろんなイベントがあったけれど、やはり印象に残っているのは、
今年3月の「アイテムドロップウィーク」での優勝と、クイズ大会での進行を
務めさせていただいたことです。
 これまで通りスピーダー道&クイズ道(?)を全力で駆け抜けます。
 これからも宜しくお願いします^^ 

TMDクイズ王決定戦~7月号


TMDクイズ王決定戦~7月号 powerd by けんてーごっこ
  
 今年も後半戦に突入です。
 今月号のクイズ・全10問の4択クイズを作ってみましたので、
ぜひ挑戦してみてくださいね。

 オープニングは、いつものように「ある映画」のタイトルを
当てていただきます。
 後半は難しいと思いますが、最近ニュースで取り上げられているモノを
テーマに出題してみました。

 それにしても、最近「雑学」やら「検定」を扱った番組ばかりです。
 これだけ一気に放送されてしまうと、どれもこれも似たり寄ったりの
内容なので、見ているほうとしては食傷気味な感じです。
 秋の番組改変期で、こういった雑学番組が一気になくなってしまうのかも
知れません。

 さて、最近のニコニコ動画でツボにはまったシュールな動画。
 
 「アタック25」好きにはたまらない、児玉さんのフレーズの数々が
でてきて、笑いが堪えられません。
 このアニメの歌は知らないけれど、歌詞への児玉さんのツッコミが
絶妙なんですよね。  

ゴディバ

 ゴディバ
 ゴディバといえば、チョコレート界ではおなじみのブランドであり、
ベルギー王室御用達のメーカーである。
 何度かいただいて食べたことがあるが、あの濃厚な味と
カカオの風味は日本のメーカーじゃなかなか作れまい。

 そんなゴディバのリキュール(=酒)が売られていて、
最近その魅力の虜になってしまった。
 トロリとしたリキュールで、バニラアイスにかけて食べると非常に美味^^
 
 昔のアニメ「ミスター味っ子」の味皇様なら、
絶対「うまいぞーッ」と言って、口から光線を吐き出すであろう。
 YouTubeより
 ミスター味っ子 ~28話激闘!大阪城・カレー丼春の陣より  
 
 それほど100円のアイスが高級品に様変わりするように感じられる、
ゴディバリキュールの底力は恐るべし。

クイズマジックアカデミーDS

 久しぶりにクイズゲームを買ってみようかな、とそんな気になっている。
 クイズマジックアカデミーDS
 クイズマジックアカデミーDS
 http://www.konami.jp/products/ds_qma/
 
 ゲーセンで稼働中のこのゲームをDSに移植するようだ。
 クイズは、やはり対人戦が面白い。オンライン対戦がどのようなものに
なるのか興味は尽きない。
 
 …オンラインで対人戦が出来るのだったら、この技術を応用して
「アタック25」をオンライン対戦でゲーセンに導入してくれればいいな(笑。
 1プレー500円ぐらいでも絶対に遊ぶのに。

 ということで、個人的DSソフト購入予定カレンダーは、この通りになった。
 7月31日・信長の野望DS2
 8月7日・ファイアーエムブレム ~新・暗黒竜と光の剣~(中古で買うかも…)
 9月12日・クイズマジックアカデミーDS

『ウェルカム・トゥ・サラエボ』

 サラエボ
 レンタルDVDの感想です。
 『ウェルカム・トゥ・サラエボ』 (1997年・イギリス)

 内戦の最前線に位置する孤児院を取材した
イギリス人ジャーナリストが主人公。
 サラエボの現状を伝えるべく奔走するが、売名行為に走るジャーナリストや、
国際世論の無関心さ、そして国連軍の無力感を目の当たりにした主人公が
最後に選んだ選択肢は…。

 作品の随所に内戦の傷跡を捕らえた生々しい映像が入っています。
 こんな惨状が当たり前だった地域が今なお存在しているわけで、
日本で普段何気なく生活している僕には、いくら想像や同情をしても、
不安と恐怖の中で明日をも知れない命の彼らの気持ちは到底
理解できないでしょう。
 戦闘地域では、正義も人権も何もありません。
 
 飾り立てたような台詞や演出はあまりなく、淡々と、
しかし心に重くのしかかる感じです。 
 極限状態での人間の絆を考えさせられる作品の1つでした。
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。