HOME   »  2008年10月
Archive | 2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペコちゃんはハロウィンの夢を見るのか

 ペコ2008 2008年 ペコちゃんのハロウィン衣裳 デザインコンテスト 
 http://www.fujiya-peko.co.jp/halloween_contest/2008.html

 「不二家」の前を通ったら、店頭にあるペコちゃん人形も
ハロウィン仕様で魔女の衣装を着ていた。

 そうか、明日がハロウィンなんだよなと再確認する(…パンヤであれだけ
ハロウィンイベントをしているにもかかわらず)。
 11月になったら、千歳飴を下げた和服姿のペコちゃんになるんだろう。

 思うに「ハロウィン」は、クリスマスやバレンタインなどに比べると
日本での浸透度がかなり低い。なぜだろう。

 そもそも「魔女」という概念が日本には無かったからか、
「Trick or Treat」という英文の意味ががまだ広く認知されていないのか、など
いろいろ考えてみたけれど、どうもしっくりこない。
 
 たぶん「ハロウィン」の知名度不足の大きな要因の1つは、製菓メーカーが
これに便乗してお菓子売上アップのPRをしてこなかったことかも知れない。
 バレンタインやホワイトデーは言うまでも無いし、最近ではひな祭りのときに
ケーキを食べるのが菓子会社での「恒例行事」となりつつようだ。

 ハロウィンを代表するようなお菓子がPRされるようになれば、
もっと身近なイベントの1つになる可能性もあるのかな。
スポンサーサイト

ボウリングのガター

 レーン

 久しぶりにボウリングをすることになった。 
 仲間同士で和気藹々と遊べるゲームだ。

 最近では、ガターにならないようにカバーをしてくれるレーンが
設置されているようだが、僕はそんなものは邪道だと思っている。
 僕がそういったレーンで遊んだことがないので、これは偏見かもしれない。

 家族連れなら少しは理解できる部分もある。
 小さい頃ガターばかりで悔しかったのを僕は憶えているからだ。
 そういうときには、親が「一番真ん中のスパットに目掛けて、まっすぐに
ボールを転がしてごらん」などと教えてあげれば良い。球の勢いがなくても
ピンはたくさん倒れるものだ。

 理解できないのは、いい歳をした大人たちがそのレーンで遊んでいるのを
見たときだった。
 ガターがあるからこそ、2投目での10ピンや7ピンのスペアを狙うときの
ギリギリのスリルがあったり、またそれを決めたときに嬉しさにつながるのに、
カバー付きではボウリングの面白さも失われてしまう。

 もう1年以上プレーしていないのでスコアがどうなるかは分からないが、
昔よく通っていたときは大体160ピンは稼いでいたので、目標は
そのあたりにしようかなと思っている。

読書週間 ~『14歳からの哲学』

 14歳からの

 今日から「読書週間」だという。
 小さい頃は「学研の学習」を購読していて、確かこの時期は
いろんな作品が載っている分厚い別冊付録が楽しみだったことを憶えている。
 (社)読書推進運動協議会  http://www.dokusyo.or.jp/

 今まで多くの本を読んできたが(途中で投げ出した本も多数あるけれど)、
その中でお気に入りの一冊を紹介したい。
 
 『14歳からの哲学』 池田晶子・著

 哲学だからとって小難しい内容ではないので、14歳+αの多くの人に
ぜひとも触れて欲しい。 

 哲学というのは、決して眉間にしわを寄せて一人じーっと
考え抜くような作業ではないということをこの本から学んだし、
「自分って何だろう」とか「善悪とは何だろう」といった知的関心や
自分で考えてみることの大切さについて改めて気づかせてくれた一冊である。
 
 残念ながら、著者の池田さんは昨年亡くなられたが、活字として
彼女の作品は生きている。
 もっともっと著書を書いて欲しかったし、それを読んでみたかった。

 なお、『帰ってきたソクラテス』、『悪妻に訊け』、『さよならソクラテス』も
読みやすい内容なので、ここで挙げておきたい。

HIO第8号&HIO第9号

 野良大会で、久しぶりのHIOを2本達成した。
 HIO0408  hio0409
 シーズン4での通算第8号と第9号で、使っていたキャラは
やっぱりダイスケだった。
 第8号はコロコロINだったので、LongChipInボーナスが距離の4倍、
第9号はトマバックスピンだったのでボーナスは距離の2倍である。

 そのうちにはカズやケンなど他のキャラでHIOを決めてみたいのだが、
どうなることやら。
 
 そんな中、露店で思わず購入したのがこれ。
 QMAチック クイズマジックアカデミーの制服っぽいデザイン。

 「クイズマジックアカデミーDS」は賢者まであと一歩となった。
 最近では、ドラゴン組とフェニックス組の往復ばかり続いている。
 そして出題内容がパターン化されてきているので、いわゆる「百人一首」状態と
なってきているようだ。
 こういう点はクイズゲームの致命的な部分なので、Wi-Fi配信で新規のクイズを
どんどん配信していってもらいたいものだ。

「アタック25」グッズ

 僕が持っている「アタック25」グッズを紹介しようと思う。
 なお今日の日記はマニアックなので、ついて来れない方は
スルーしても良いです(笑。

ボールペン01  ボールペン02  しおり

 左の写真は、僕が予選会に行ったときに参加賞としてもらったペンである。
ちなみに、シャープペンとボールペンが一体型になったものだ。
 今まで予選会に2回参加したので2本持っているはずだが、
1本はどこかに無くしてしまった。
 あんまり使う機会はないけれど、「アタック25」の印刷部分が
消えかかっている^^;(真ん中の写真)

 右の写真は、過日友人からもらった「しおり」である。
 「富豪刑事デラックス」、「アタック25」そして「探偵!ナイトスクープ」の
豪華(?)3点セット。深キョン、かわいいなあ…と感想はどうでもいいが、
これらはあまりお目にかかることは少ないかも。 

 以前、こういったしおりはABC朝日放送のインフォメーションセンターに
たくさん積んであったらしいが、現在は置いてあるかどうかは分からない。
 それにしても深田恭子、児玉清、西田敏行・・・何なんだ、この共通項の無さは。
 
 「アタック25」がいつまで放送されるのかは分からないが、
放送し続ける限り、ずっと見ていくことは間違いないだろう。

原油先物相場の下落

 ガソリンスタンドで給油をしたら、レギュラー1リットル当たり146円だった。
 一時期に比べたら随分ガソリン価格が下がってきたなと思ったので、
ニューヨークでの原油先物相場の動向をネットで調べてみる。

 約か月前の6月27日は1バレル=140ドル近くまで高騰していた。
 NY原油、1バレル=140ドルを突破 -AFPBB News
 http://www.afpbb.com/article/economy/2410898/3079754 

 確か7月ぐらいは1リットルあたり180円ぐらいしていたし、
そのうち1リットル=200円までいくんじゃないのという話をしていたことがある。
 5000円使ってもこれだけしか入らないか・・・と思ったものだ。

 昨日の原油先物相場は66.75ドルだったようだ。
 原油相場が大幅下落、OPEC議長「減産も検討」 -AFPBB News
 http://www.afpbb.com/article/economy/2531167/3457376
 
 この4ヶ月で原油先物相場価格が半分となった。
 盛夏の頃に比べたらガソリン価格は下落しているのは間違いない。
 ただ、日常品などの物価の上昇や電気代値上げもあって、ガソリン価格下落の恩恵に
あずかっているとは言いがたい状況だ。
 
 これから冬に向けて石油ストーブや暖房器具での灯油の需要が
一気に増える時期となる。
 OPECは「原油の減産を視野に」という考えもあるようだが、
これからガソリン価格がどのように推移していくのか、一消費者としては
気になるところである。

PJC 第2回スピーダー開催

 パンヤジャパンカップ(PJC)において、第2回スピーダーが開催されるという。

 第2回 PJCスピーダー 開催のお知らせ -PJC公式サイト
 http://www.pjcweb.jp/topics_information_contents.aspx?seq=43

 第2回 PJCスピーダー
 【エントリー】
 11月6日(木)16:00 ~ 11月13日(木)10:00
 【一次予選(オンライン)】
 11月22日(土) ~ 11月23日(日)
 【二次予選(オンライン)】
 11月24日(月)
 【決勝(オフライン)】
 12月某日

 都合がつけば予選には参加したいが、ちょっと無理かも知れない。
 決勝の様子は、公式サイトやニコニコ動画で見ることができると思うので
どんな韋駄天が活躍するのか見てみたいところである。


 ▼「ハロウ」の雇用期間は10日間だった。
  この情報を見て、僕はキャンディのほとんどを露店で売り切った。
  ハロウで得られるPPよりも、露店でキャンディを売ったPPの方が
 多くなるとの判断からだ。
  グレープ:800pp、その他のキャンディ:1500ppという価格設定で即完売となった。

采配のゆくえ

 Koeiから新しい「合戦アドベンチャー」ゲームが発売される。

 采配のゆくえ -gemecity公式サイト-
 http://www.saihai.jp/
 采配
 公式サイトでは「体験版」が遊べるので、実際に遊んでみることにした。
 石田三成率いる西軍を関が原の戦いで勝利に導くというもので、
情報を集め、味方に指示を出したり、説得をしたりすることが重要となるゲームだ。

 体験版では重要なシーンの部分の手前までしかプレイできなかったけど面白い。
 自分が集めた情報を元に、相手を説得するというスタイルに興味が
持てる(⇒どうやら「逆転裁判」と似ているシステムらしい)。

 過日「国盗り頭脳バトル」のときにもブログで書いたが、
果たして歴史ゲーム好き以外のユーザーにどれだけアピールできるかが、
このソフトの生命線かな。
 だから公式サイトでBGMを公開したり、体験版をプレイできたりするように
しているのだろう。

 それにしても、三國無双といい、このゲームといい、歴史上の武将を
ここまで斬新に描くとはある意味すごいよなあ。個人的には嫌いじゃないんだけど。

 石田三成の美青年ぶりをはじめ、徳川家康が悪の権化っぽくなっていたり
三成との「友情の茶会」イベント(by武将風雲録)で有名な大谷吉継が美形キャラに
なっていたりと、今までのKoeiイメージを覆すようなキャラデザインである。
 うーん、The・Bestシリーズになったら買ってもいいかもねえ。

ラブリーTシャツの効果!?

 キャンディドロップ期間中とはいえ、箱集めの前途は決して明るくない。

 そんな中、ラブリーTシャツを部屋の全員が着用していると、
こういう「お知らせ」が出る。
 ・・・あれ?
 ラブTの効果ってホワイトデーイベント期間中だけだったと思うが。
 ラブT 
 WindHillにて2人・6H対戦を何度かプレーしてみたものの、
ラブT効果があるとは断定できない(最高8個、最低ゼロ個)。

 マスコット「ハロウ」は雇用期間限定、と公式で案内されている。
 となるとパンプキンアズに換えた方が賢明かもしれない。

DI:18アンダー&セミプロD昇格

 久しぶりに記録更新をした。コースはDIで、記録は18アンダーである。

 シーズン3の頃から苦手なコースで、グリーンの難しすぎる傾斜や
OBによって15アンダーの壁を突破できずにいたわけだが、
ようやくここにきて更新をすることが出来た。

 なお最近は箱集めに執心しているので、大会ばかり回っている。
 気づいたら昨晩セミプロDになっていた。
 セミD昇格
 パット率が意外にも高く推移していて、安定するようになったのは嬉しい限りだ。
 そして「平均打球時間」も落ちていない。パンヤにおいては、ウサイン=ボルトには
負けられない。

キャンディドロップ

 今週からしばらくの間、パンヤではハロウィンイベントが開催されている。
 男性陣のエクソシスト衣装は全てCP品なので買うつもりはない。
今回のイベントで興味があるのは、キャンディボックスのドロップだ。

 ハロウィンドロップ
 ・・・で、実際に回ってみて、ドロップ率が絞られているような気がする。
 今年の3月に行なわれたトマ出組のイベントでは、あれだけアイテムドロップが
あったのに。
 
 以前とは違って、アイテムドロップ2倍のアクセサリを所持できるキャラが
マックス、ダイスケ、エリカ、ケンの4名に増えていることもあり、運営側も
この点を加味してドロップ確率を下げているのだろうか。 

 とりあえずは初登場マスコット「ハロウ」が気になるので、それを交換できるだけの
キャンディを集められれば、と思っている。

大三元 ~『雀・三国無双』

 大三元雀無双 大三元役満
 「大三元(だいさんげん)」とは、麻雀での役満の1つである。
 昨晩、PS2の『雀・三國無双』で初めての役満を上がった。 先日の「人和」といい、
今回の「大三元」といい、運に恵まれている。
 同卓者は上家・夏侯惇、下家・袁紹、対面・黄蓋というオッサン&ヒゲの
シブすぎる面子だった。

 序盤から發白を対面からポンしたので、いくらコンピュータとはいえ中
河に捨ててくることはないだろうし、小三元で上がれれば…という気持ちで
いたら自分でツモってきてしまった。
 河を見ると三巡目に上家が「中」を捨てているので、最後の一枚を引き当てたようだ。

 ちなみに「大三元」の名称は、中国での官吏登用試験「科挙」において、
郷試・会試・殿試のすべてを首席で合格した際に、郷試の首席を「解元」、
会試の首席を「会元」、殿試の首席を「状元」と称したことに由来するという(wikipediaより)。
 …また1つ余計な雑学を知ってしまった。

 ところで最近、FC2アクセス解析を何気なくみていたら、“雀・三國無双”とか“甄姫”という
ワードでこのブログの画像目当てに来る方が少なくないのには驚いた。
 確かに、雀三國無双を取り上げてるブログって無いよなあ。
 おそらく『無双』シリーズの中で最も売れなかったソフトだったのだろう(笑。間違いない。

 昨晩、久しぶりにプレイしたら『呉伝』をサクッと終わらせられたので、
また日を改めて記事を載せようと思う。

BIGポンタバスタオル

 今朝は放射冷却の影響か、気温は3℃まで下がっていた。
 もうすぐ冬の訪れである。

 さて先日冬物の衣服を出していたら、すっかり忘れていた「BIGポンタバスタオル」を
見つけた。新品未開封のまま1年以上放置していたわけだ…。
 ポンタタオル  ポンタ当選文
 限定100枚!BIGポンタバスタオルプレゼント! -パンヤ公式-
 http://www.pangya.jp/board_notice_view.aspx?seq=1046&cat=1&num=0

 こんなデザインのポンタが描かれているらしい。
 ポンタバスタオル画像 
 【参考画像元】www.4gamer.net/specials/2007_summer/img/069.jpg

 すっかりタンスの肥やしとなっていたわけだが、野郎が使うには
なんだか気が引けるデザインである。
 このまま使わないのももったいないので、いっそのことネットオークションに
出品してみようとも考えている。果たして入札があるかどうかは微妙だが。

QMA vs クイズ王

 『クイズマジックアカデミーDS』に、実際のクイズ王が挑戦したら
どんな結果になるのか―。 


 先日10月12日に東京ゲームショーにおいて、そんな興味深いイベントが
行なわれたようだ。
 【TGS2008】『クイズマジックアカデミーDS』の豪華ゲストによるクイズ大会
 http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=9910&c_num=56
続きを読む

「大富豪」への道

 トランプマン
 
 3連休は信州の各地も行楽客で一杯だった。
 蓼科あたりの木々も色づき始め、鮮やかな景色を楽しめる時期となった。

 そんな3連休のある一日、親戚の子たちとトランプで「大富豪」を遊んだ。

 本格的に遊んだのは何年振りだったけれど、飽きずに1時間ぐらい「大富豪」をした。
このゲームがこんなにエキサイティングだったなんて今まで思わなかったなあ。
 マージャンよりもルールは簡単だし、多人数でも遊べるのが良い。

 ちなみにウィキペディアでは、細かいルールまで載っている。
 大富豪 -wikipedia-
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%AF%8C%E8%B1%AA

 ちなみに今回採用した「ルール」は以下の通り。

 ・「革命」、「8切り」、「しばり」あり。
 ・「J」はリバース(=「イレブンバック」とも言う)。
 ・ジョーカー上がり、8上がり、2上がり(革命時は3上がり)は不可。
 ・貧民達は最も強いカードを富豪達に献上するが、
  富豪達は任意のカードを貧民たちに与えて良い。

 結果で言えば、僕はビリから2番めだった(^^;
 ズル賢いヤツ&駆け引き上手なヤツが勝つゲームなんだと、
言い訳なんかしてみたりなんかしたりして。

 こんなに面白い「大富豪」の考案者には、個人的に金一封を差し上げたいくらいである。

家紋を作ってみた。

 家紋

 「綾鷹」というお茶が販売されている。
 ちょっと値段の高いペットボトル入りのお茶である。

 で、この「綾鷹」のサイトでは、その人にふさわしい家紋を作ってくれるページがあって
これがけっこう面白い。「大人の書道」も意外と楽しい。

 「綾鷹」家紋ジェネレータ
 http://ayataka.jp/#fun-kamon

 我が家には家紋がある。
 玄関に額に入れて飾ってあるけれど、一般人がそんな見栄を
張らんでもいいのにと思っている。先祖は諏訪藩の家老にあたる、といわれることも
あるがいやいや絶対そんなことはないはずだ。
 ちなみに家紋は「九曜(くよう)」と呼ばれるものだ。

 「九曜」のデザインを説明するならば、ちょうど中華料理屋さんで8人で座れる円卓を
真上から見下ろした感じと表現すればいいだろうか(笑。

 中心に大きな円が1つ、その周りに8つの小さな円が
取り囲んでいる。これはどうやら天体を表現しているようだ。
(中心の大きな円が太陽を表しているらしい) 
 
 さて、その綾鷹のサイトで自分の家紋を作ってみた。
 僕の家紋は「風」。こういうデザインの家紋もいいかもね^^

感じるままに。

 最近の出来事を思うままに書き散らしてみる。
 
 【サッカー】
 日本代表の得点力不足は相変わらず。
 中盤に稲本が復帰したのは個人的には嬉しいし、ああいうボランチは
今の日本に必要だろう。
 両サイドから崩して、低めのクロスを入れるという攻めの「形」は良かったのになあ。
 あと1点が遠い…。

 アジアチャンピオンズリーグ。
 日本勢対決は1-1のドロー。これで浦和が決勝進出に
有利になったかな。
 そういえば、ジーコがウズベキスタンのクラブチームの
監督に就任した、というニュースを聞いたことがあったけれど、
そのクラブに元ブラジル代表のリバウドもいたとは。
 その昔、バルサで活躍してた頃は好きだったし、ウイイレでもお世話になったものだ。
 大敗、エース負傷…ジーコ監督悪夢の初陣
 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20081009-00000023-spn-spo

 【ノーベル賞】
 今年は日本人の受賞者が多く、日ごろ暗いニュースの多いマスコミがここぞとばかりに
大騒ぎしている。
 ただ、受賞者たちの研究拠点は全員日本国内ではない。
 科学分野を筆頭に、今の日本では満足のいく研究が出来ない場合が多いという実態を
報道するマスコミはいないのかな。

 【クイズマジックアカデミーDS】
 現在、大魔導士6級でドラゴン組在籍。
 最近は決勝に進むたびに「スポーツ・ランダム2(サッカー)」を選択するようになった。
 「学問」や「雑学」は他のプレイヤーもソツなく出来るので、有効な決定打には
ならなくなってきているからだ。
 リトマネンとかスールシャール、スキラッチなど、’90年代の欧州サッカーで活躍した
選手を知っているだけでも得点は面白いように稼げる。

イグ・ノーベル賞

 ノーベル物理学賞に日本人3氏が選ばれたという。
 これはもう本当に快挙なのだが、個人的にはイグ・ノーベル賞の方が興味深い。
 ちなみに「イグ・ノーベル賞」とは、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して
与えられる賞である(Wikipediaより)。
 
 2008年の受賞記事をネットで見ることができる。
 粘菌の賢さ解明し「認知科学賞」=2年連続で日本人-イグ・ノーベル賞 Yahoo
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081003-00000028-jij-int
 
 “脳を持たない原生生物である粘菌に、迷路を最短ルートで解く能力が
あることを発見”という着眼点は、凡人では到底出来そうもない。素晴らしいの一言に尽きる。
 いずれはこの研究者もノーベル賞を取るんじゃないかなあ。

 イグ・ノーベル賞の受賞内容を見てみると、こんなことも研究しているのかと
驚かされる分野まである。 
 「コカ・コーラの避妊効果」研究にイグ・ノーベル化学賞 CNN News
 http://www.cnn.co.jp/science/CNN200810030007.html

 ○物理学賞:
 「大量の糸や髪の毛は、外部要因がなくとも必ず絡まることを数学的に証明」
 ○生物学賞:
 「イヌに寄生するノミは、ネコに寄生する個体よりも、高く飛ぶことができる」
 ○医学賞:
 「高価な偽薬(プラセボ)は安価な偽薬よりも効果が高い」

 例えば「導電性高分子の発見と発展」とか「キラル触媒による不斉合成反応の研究」で
受賞した、と報道されても理系オンチにはさっぱり分からない。

 それに比べて、イグ・ノーベル賞各賞の研究内容にはとても親しみを覚える。
 イグ・ノーベル賞の各賞論文は読んでみたらけっこう面白いと思うし、科学の面白さを
再認識させてくれるものかもしれない。

PJC 第3回トライカップ

 PJC公式サイトにて、10月のスケジュールが告知されている。

 PJCWeb 10月の開催スケジュール発表!
 http://www.pjcweb.jp/topics_information_contents.aspx?seq=35

 今回のテーマは「最大チップイン距離」だそうだ。
 残念ながら自分とは縁遠いテーマだが、まずはエントリーして
どんな記録が残せるかトライしてみようと思う。

 ついでに自分のEPを確認してみたら、ちょうど1000EP貯まっていた。
 2000EPでの水着は興味がないし、3000EPでの「ぐるぐるめがね」まで
パンヤが運営をしているかどうかは分からない。
 こうなったら、ダイスケにアフロを被せようかなと思う今日この頃である。

セプテントリオン

 日曜洋画劇場『ポセイドン』を観た。
 かつて製作された『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイクで、
豪華客船の転覆からの脱出を図るストーリーだ。

 『ポセイドン・アドベンチャー』の方が、極限状態における人間の姿を鋭く描ききって
いたなと思うけれど、CGなどを使った手法などはやはり『ポセイドン』が優れていた。
 あのような映像技術の進歩は、素人目から見てもすごいものだ。
 セプテントリオン
 この『ポセイドン』を観ているときに、昔よく遊んだ『セプテントリオン』という
ゲームを思い出して、懐かしさのあまり引っ張り出してきた。

 『セプテントリオン』とは、1993年にスーファミで発売されたソフトで、
そのあらすじは、嵐による津波によって転覆した豪華客船レディ=クリサニア号から
主人公は生存者を探索・救出しながら、60分以内に沈没する客船を脱出していくというものだ。 

 この『セプテントリオン』を遊んだ後に『ポセイドン・アドベンチャー』を観たが、
その映画で繰り広げられる世界観とそっくりだった。
 
 自分ひとりだけが助かれば良いというものではなく、多くの人物を助けるために
あるときは説得し、またある時は叱咤して、乗客を助けて脱出口を探さなければならない。
 また、このゲームでは、主人公や助けた乗客が簡単に死んでしまったり、
乗客の誘導にたいへん苦労したりする。
 そのため、ベストエンディングを迎えたときは、今までの苦労が報われた感じがして、
あたかも映画の主人公になったかのような気分になる。
 
 個人的には、スーファミのソフトの中では良く出来た作品の1つだといえるだろう。  

ピタゴラスイッチ

 「ピタゴラスイッチ」という、NHKの番組がある。 
 ピタゴラスイッチ -NHK KidsWorld-
 http://www.nhk.or.jp/kids/program/pitagora.html

 サイトの紹介によれば、“番組を見ることで頭のスイッチが入り、
考え方についての考えが育つことをねらい”としているようだ。

 この番組内で放送される「ピタゴラそうち」がとても面白い。

 いったん見始めると、やめられない止まらない。
 「ピタゴラそうち」の仕組みや計算しつくされたボールなどの動きは
大人が見ても充分楽しめる内容だ。

『黄泉がえり』

 レンタルDVDの感想。 
 黄泉  邦衛

 『黄泉がえり』
 草剛と竹内結子主演の作品。

 特に感動はしなかったが、ストーリーや伏線の張り方が上手く
ラストシーンに向けて一気に物語が進行する。
 なんだか不思議な雰囲気を持った作品だった。

 RUIを演じた柴咲コウって、歌が意外と上手かったんだなあ。
RUIが歌う「月のしずく」の存在がこの映画にとってプラスに作用している。

 ストーリーとは関係ないけれど、医師役の田中邦衛が出た瞬間に
思わず笑ってしまった。
 加えて、田中邦衛の娘が伊東美咲なのだ(あくまで作品上の設定)。
 いやあ、作品上とはいえ、父親よりも母親の遺伝子が
娘が受け継がれたみたいで良かった良かった(←失礼。

飛ばないホウキは、ただのホウキだ。 ~恐怖!ホウキレース

 QMAホウキレース

 「クイズマジックアカデミーDS」で、大魔導士に昇格した。 
 大魔導士になると「討議の間」においてホウキレースをプレイすることが出来る。

 ホウキレースとは、前半120秒・後半120秒の間にどれだけ正解を挙げられるかを
競うモードであり、その正解数が「飛行距離」として反映されていく。
 連続正解を伸ばせば「ホウキ」のスピードがぐんぐん上がり、「飛行距離」を
伸ばすことが出来るわけだ。

 僕は現在ドラゴン組にいる(難易度が、最も厳しいクラスとされる)。
 そのドラゴン組でのホウキレースで全く好結果が残せない。
対戦相手のCPUたちはスイスイと先を飛んで行くのに、こちらはいつもビリ争いである(--;

 そういえば「ドラゴン組」になってから出題内容のマニアック度が跳ね上がったので、
良い結果が残せないし正解率も落ちてきている。
 個人的には「フェニックス組」(=ドラゴンの1つ下の階級)が分相応の実力だろう。

 クイズ番組でその難易度を例えれば、 

 ドラゴン組=「ギミア・ぶれいく 史上最強のクイズ王決定戦」
         「FNS1億2000万人のクイズ王決定戦」
 フェニックス組=「アタック25」
           「クイズ$ミリオネア」11問目以降=150万以上の問題

 ・・・QMA歴4年の僕にとってはこんな感じで捉えている。

 惜しい点は、このホウキレースをWi-Fi対戦で遊びたかったということ。
 通常の8人トーナメントとは違った、緊迫感のあるこのレースを対人戦でプレーできたら
さらに盛り上がっただろうなあ。

「TOKYO ROAD」

 Tokyo Road

 最近、Bon Joviをよく聞いている(パンヤやQMAのプレイ中にも)。
 以前はエアロスミスを聞いていたが、Bon Joviも侮れないなあ。

 この「Tokyo Road」は、ロックばかりを集めた1枚。
 「Livin’ On A Prayer」、「You Give love a bad name」、
「It’s my life」そして「夜明けのランナウェイ」。
 
 聴いていくうちに、「やっぱこれだよ、これ!」と
勝手に満足してしている自分がいる。
 気分がイマイチな時やイライラしている時は、これを聴きながら
ドライブしたくなる、そんなアルバムです。
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。