HOME   »  2009年01月
Archive | 2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コトバ

 普段、何気なくおしゃべりや会話を交わす。

 話をすることで気分が和んだり、意思の疎通を図ったり、
そしてまた、その人の雰囲気や性格が少しづつわかるようになっていく。

 話をする、ということは大切なことだと分かっているつもりなのに、
いざ話をしようと思うとじゃあ何から伝えようとしたのか戸惑うことがある。

 ・・・今日はいろいろとあったので抽象的な内容になっているし、
これは自分への言い聞かせという意味でもあるのだけれど、
「人に何かを伝える」ということは想像以上に難しいことだ。

 自分と気が合う人には伝えやすいことも、初対面の相手や
自分と気が合わない人には話しても伝わらないかもしれない。
 でも言葉を使っていくことでしか、自分の思いや相手の考えは
分かりようがない。
 
 コミュニケーションを取ることの大切さを考えさせられた1日だった。
スポンサーサイト

「TMD冬のポイントレース」展望

 2月になると、クラブイベントとして「TMD冬のポイントレース」が
1ヶ月間のロングランで開催される。
 簡単にその内容をまとめてみよう。

 コース設定 :6Hマッチ 60秒 RANDOM SHUFFLE
          入部日の遅い人が先攻後攻を選べる。 
 特殊ショット禁止 :「トマホーク・コブラ・スパイク」の3種。
 アイテム使用禁止。 キャディの「黒ポンタ」禁止。

 なお、イベント開催期間中には
「週間ミッション」が設定されていて、ボーナスポイントを得る機会が与えられている。

 第1週:「最速10試合」  第2週:「最大ゾロメPP」
 第3週:「最大合計難易度数」  第4週:「最多HIO数」


 さて前置きが長くなったが、これらを踏まえた上での個人的なレース展望をしてみたい。
 
 コース設定が「ランダム」、そして特殊ショットは禁止となっているので、
白熱したいい勝負が期待できそうだ。
 同スコアで試合が展開していけば、PPの稼ぎ方が重要になる。
 ティーショットでの「スパパン」が成功するかしないか、そして
ピンそばに寄せての「ナイスアプローチ」でのPP稼ぎがカギになりそうだ。

 僕はトマチッパーではないので、〝素ゴルフ〟スタイルでのラウンドに
特に違和感を覚えない。
 普段のプレーが上級者にどの程度通用するのかを試すにはいい機会だろう。

 「週間ミッション」について、第1週と第4週は絶望的なミッションだ。
 受賞に向けて一縷の望みを託すのならば、第2週「最大ゾロメPP」と
第3週「最大合計難易度数」を狙うといったところか。

 どれぐらいのクラメンと対戦できるかどうかは分からないが、
なるべく多くの人とラウンドできればと思っている。

ゴールデン

 「ゴールデン」。
 それは魅惑的な響きを持つコトバである。

 「シルバー」や「ブロンズ」ではちょっとゴージャス感に欠けるし、
「プラチナ」だと雲の上の存在といった感じがして、庶民には
なじみがない気がする。

 ゴールデンハンマー
 僕が「ゴールデン」と聞いて真っ先に連想するのは、
「洋画劇場」や「タイム」でなく、もちろん『100万円クイズハンター』で
使われていた「ゴールデンハンマー」である。
 パンヤの過去レア「ゴールデンハンマー」なんぞ、僕は認めない。

 今回のパンヤupデートでもらえるアイテム、「ゴールデン焼きいも」の
ネーミングセンスには苦笑してしまった。
 焼いもの「ゴールデン」って一体・・・(使用後2時間は経験値50%up)。
 初期レベルのキャラを持っているのならまだしも、
僕にはもう経験値って要らないからなあ。

HIO第19号&パンヤ駅伝完走

 ようやく「パンヤ駅伝」完走を果たした。
 完走直前にラウンドしたWestwizで、シーズン4通算第19号のHIOも
決まったので、これはこれでいい記念である。
 
 ティーショットを打った瞬間にアングルが「引き」になったので
〝これは行った!〟と思ったが、まさかBI付きのHIOだったとは。
 HIO0419a  HIO4019b

 明日のメンテではMyルーム向けアイテムとして「ストーブ」
「焼いも」が実装されるらしい。
 どんな効果があるのかは明日以降に特設ページで分かるだろう。
 ・・・どうせなら日本版にアレンジして「こたつ」、そして「ミカン」or「湯呑みのお茶」
いった感じにしてくれても良いのになあ。
 韓国版をそのまま流用するだけじゃ、あまりにも素っ気なくてつまらないものだ。

コースレコード更新~BL

 「パンヤ駅伝」復路を完走するため、大会をラウンドすることが多くなった。
 パンヤに対するモチベーションもそれほど落ちていないので、この調子なら
明日にでも完走できそうだ。

 そんな中、久しぶりにコースレコードを更新した。
 コースはブルー・ラグーンで、スコアは24アンダーである。

 HIOこそ決まらなかったものの、まぐれチップが2回も決まったので、
今までの記録:22アンダーから2打スコアを伸ばすことが出来た。

 【シーズン4におけるコースレコード】
 総合CR090127
 げえっ、ダイスケ・・・。なんか華やかさに欠けるなあ。
 でもこうなったら全コースをダイスケで埋め尽くすのもまた一興か。

実食

 先日、ブログで紹介した「ホットヨーグルト」を毎日続けている。

 独特の酸味があるのでヨーグルトが苦手という人には
向かないが、僕の口には合う食べ物(いや、飲み物か)である。

 にわかに沸いて出た「ホットヨーグルト」に挑戦して
分かったことがいくつかある。

 1つ目は加熱時間について。
 ヨーグルト100gに対し、600wの電子レンジで60秒~70秒がちょうどいい。
40秒では生ぬるいし、90秒だと熱くて飲めない。
 ちなみに、加熱容器はマグカップでOK。

 2つ目はトッピングについて。
 加熱したヨーグルトをそのまま飲んでも、正直美味くない。
 そこでジャムやハチミツを加えて試してみたのだが、
個人的にはガムシロップが一番合っていると思う。
 ガムシロップは液状なので混ぜやすいし、
ほんの少し加えるだけでも充分な甘さが広がる。

 普段の生活では脇役に過ぎないガムシロップが
ホットヨーグルトという相方を得て、まさに面目躍如、
大ブレイクといった感じだ。

 まあ、あんまりシロップを加えすぎるとカロリーが高くなるので、
そのあたりは自重しないといけないかな。

あらたにす

 最近、「あらたにす」というサイトを毎日見るようになった。
 あらたにす
 http://allatanys.jp/index.html
 
 「あらたにす」とは、日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞の計3紙の
主要ニュースやコラムを読むことができるサイトである。
 
 僕はネットでニュースを読むことが多いので、
こういったサイトは重宝する。

 しかし、なぜ今頃になってこのサイトを新聞各社が共同で
開設したのか。
 僕が思うに、新聞購読率の低下や広告収入の減少など、
新聞各社にとってネットを無視できない状況になってきているためでは
ないだろうか。

 「あらたにす」が、今後もこのサービスを継続して行なっていくのか、
気になるところである。

鼻血

 久しぶりに鼻血が出た。
 ここ数年、そんなことは無かったのに。

 昨晩からアレルギー鼻炎のせいで、
鼻をしょちゅうかんでいたことで粘膜に傷があったのかも知れない。
 外出しようと玄関を出た途端に鼻血が出たけれど、
これは外気との気温差が激しかったためだろうか
(この日は外気温マイナス10℃)。

 なにしろ思いがけないことだったので慌てて止血をしたが、
朱に染まったティッシュを見るのは、あまり気分の良いもの
ではない。 

 鼻血が出たせいで、なんだか鼻をかむのも
おそるおそるになってしまうなあ。

ホットヨーグルト

 ヨーグルト
 今日、知り合いからヨーグルトを2kgももらいました。
 
 どうやら賞味期限うんぬん・・・という事情らしい。
 僕はそのような表示よりも、自分の舌で判断していますので
こういった思いがけない「もらい物」はありがたく頂戴することにします。

 さてそのまま食べるのももちろんですが、いただいた方から
「ホットヨーグルト」なる食べ方を教わったので、メモついでに紹介します。

 1、ヨーグルト100gに対して、水大さじ1を加えて
   レンジで1分ぐらい加熱する。
 2、はちみつやジャムを適量加えて飲む。


 以上、とっても簡単。
 ダイエットにも効果があるようです(本当かな?)。

HIO第18号&パンヤ駅伝往路完走

 HIO4018
 「パンヤ駅伝」でのホール数消化のためにラウンドした
ブルーラグーンで、シーズン4通算18号目のHIOが決まった。
 トマBSではなく、単なるBSで入ったのでちょっと驚いた。

 そして「パンヤ駅伝」もなんとか往路を完走した。
 7日間で200ホール以上を回るのはしんどい、というのが率直な感想だ。
せっかくなので復路も完走したい・・・が、これはモチベーション次第だろう。
 あー、それでも「給水アイテム」は毎日しっかりいただきますよ(笑。
 (最近はバナナばかりですが)

クイズ王決定戦~2009年1月号


TMDクイズ王決定戦~2009年1月号 powerd by けんてーごっこ
 昨年同様、今年も「クイズ王決定戦」をよろしくお願いします。
 時間があればチャレンジしてみて下さい。

 さて、1月といえば成人式ということで、今から20年前の
「1988年」に関するクイズを後半5問出題しました。
 20年前といえば僕は小学生。
 今回のクイズを作るため「1988年」のことをいろいろ調べていると、
案外自分でも憶えている事柄が多いのには驚きました。
 
 成人式プラスアルファの方、いや、永遠の20歳の方にとっては、
後半5問は得点を稼ぐチャンスかもしれませんね。

銀世界

 スノボをするため、白馬に出かけてきた。
 長野オリンピックでジャンプ競技が行なわれた場所、と言えば
県外の人でも「白馬」の名は聞いたことがあるかもしれない。

 さすがに雪質は良く、大勢の客でゲレンデが賑わっていた。
 
 ただ、勢いよくドテッっと転んだせいか、向こう脛に大きな内出血の跡がある。
 まるで「DV」を喰らっているように見えてしまう・・・(^^;

「から揚げにレモンをかけたら嫌ですか?」

 Yahoo!知恵袋より
 「から揚げにレモンをかけたら嫌ですか?
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412730924?fr=top_mantenna
 〝多人数で食事をする際などに、大皿のから揚げにレモンをかけるのは
イヤかどうか〟という点について回答が出ている。

 僕は大嫌いである。
 せっかくの唐揚げの食感がレモンの汁気によって失われてしまうし、
その酸味のせいで不味くなるからだ。
 何も言わず当たり前のようにレモンをかけられるとイラッとくる(・・・こういう
無神経な人が僕の身近にいるだよなあ。注意なんてできないけど)。

 レモンをかけたいのなら自分の取り皿でかければいいし、
好みは人それぞれなのだから、レモンをかける場合には
周りに一言声を掛けるぐらいのことはしてもらいたいものだ。

警官と泥棒

 警官と泥棒
 勝利マスターのブログで知った『警官と泥棒』というゲーム
 
 プレイヤーは警官となって泥棒を捕まえる、とても単純な
ルールなのだが、僕は全然捕まえられない。
 ダミ声の某警部みたく「待てぇ! ルパーンッ!」と叫んでも
きゃつはいつも僕の前をひらりと身軽に飛んで逃げてゆく。

 ヒントは「9手で詰み」とか「途中までは泥棒の動きは見ない」ことらしい。
 
 ここ3日間ほどトライしていて全然ダメなので、後輩にこれを
紹介したら30分ぐらいで解いてしまった。なんたること、なんたること・・・。

 ちなみに僕はその解を見ていないので、いまだに捕まえていない。
 この事件、迷宮入りとなってしまうかもしれない。

「天使のはね」購入

 先のPP2倍期間中で、ある程度のまとまったPPを稼ぐことができたので
セシリアとダイスケの「天使のはね」を購入した。
 天使のはねセシ 天使のはねダイスケ
 このセシリアの衣装は露店で購入したものである。
 
 最近はセルフデザインの露店を見て回るのも案外楽しい。

 僕がメインとして使う、ダイスケやセシリアの衣装を見る機会が少ないのは
残念だが(需要が少ないから仕方ないのだろう。アリンやルーシアは
たくさん出店されている)、こういったクオリティの高い作品が
これからも出てくることを願っている。

雪山

 09jan山
 青空の下、雪化粧に覆われた蓼科山。

 3連休中は天気が荒れて、けっこうな量の雪が降ったが
今日は久しぶりに良い天気になった。

 それにしても晴れた朝は放射冷却の影響でだいぶ冷え込む。
 今朝、屋外の温度計は「マイナス12℃」を指していた。
 これから2月初旬まではまだまだ厳しい冷え込みが続くだろう。

『逆転裁判』

 『逆転裁判』というゲームソフトが面白い。
 ちなみに遊んでいるのは、2001年発売されたゲームボーイアドバンス版の
『逆転裁判』である。
 (ニンテンドーDSLiteはGBAのソフトも遊べるので、これを遊んでいる)
 
 逆転裁判a 逆転裁判01
 プレイヤーは新米弁護士:「なるほど」くんとなって、被告の無罪を
勝ち取らなければならない。
 
 無実を証明するために、事件関係者への聞き込み、現場の調査、そして
証拠品の押収などを行ない、それらから見えてくる「矛盾点」を洗い出す。
 そして法廷での検察側証人の証言に対して「異議あり!」とぶつける。

 今まで「法廷モノ」をテーマにしたゲームはおそらくなかった。
 果たしてどんなゲームになっているのだろうという不安はあったけれど、
実際に遊んでみたらそれは杞憂に終わった。こりゃあ人気が出るのも頷ける。

 登場人物たちの個性がはっきりしているのも良いし、
なによりストーリー展開が上手くできていて思わず「この被告人を弁護するのは
この俺だ」というヒロイックな気分にさせてくれる。
 
 調べてみたら、シリーズ作がいろいろ出ているようだ。
 今さら感も無きにしも非ずではあるが、この「逆転裁判」シリーズを
プレーしてみようと思う。

赤が白に変わった!~PPガチャ編

 PPガチャで久しぶりの赤影が登場。
 クーしっぽ01

 緑が飛び込んだ! 赤のポンタが白に変わるッ!
 クーしっぽ02 
 
 ということで、悪魔のしっぽ(クー)を獲得できた。
 そこそこ高値でのPP売買も見込めるのでありがたい。
 この勢いで次はダイスケのしっぽを当てたいものだ。
続きを読む

「Best Games賞」に思う。

 「パンヤ」では1/10~1/12までの3日間、PPや経験値が2倍になるようだ。
 「WebMoney Award 2008」受賞記念イベント開催! パンヤ公式サイト
 http://www.pangya.jp/board_notice_view.aspx?cat=3&seq=541&num=0

 なるほど「Best games賞」受賞記念ということか。

 まあ、こういうイベントでユーザーの歓心を買うのもいいけれど、
不具合やバグの修正をしっかり行なって、快適なプレーができる環境を整えることが
最も大事な点であることを運営は忘れてはならない。
 
 パンヤが真の意味での「Best Games」となる日は来るのだろうか。

2009福袋お年玉ナンバー

 パンヤ公式サイトにて「2009福袋お年玉ナンバー」の
当選番号が発表されている。
 パンヤで年越し 2009お正月イベント
 http://www.pangya.jp/event/2009NewYear/index.aspx
 2009福袋ナンバー
 僕も福袋を1個だけ買ってはみたものの、結果はCP消耗品ということで、
この「お年玉ナンバー」に一縷の望みを託していた。
 
 結果は「5等当選」だった。
 まあ、当たったことには変わりはないので、わずかばかりではあるが、
赤ビンを使わせていただこう。

 さて、「当選」といえば・・・。
続きを読む

人の心 裏の裏は ただの表だったりして~

 所属しているトマ出組での「2009年お年玉つき年賀スレッド」。

 全36種の賞品の中で、自分の希望賞品が誰とも重複していなければ、
その賞品をいただけるという主旨のイベントだ。

 僕は、ガチャ券や福袋、ウェブマネーに人気が集中すると予想した。
 それ以外の賞品を見比べて、
「13番:お好きなクラブセット」と「29番:5万PP」のどちらにしようか迷った。
 
 クラブセットはみんな何かしら持っているから応募しないんじゃないか、
と読み、13番を選択したまでは良かったのだが・・・。
 まさか、それに6人も応募しているとは思わなかった(^^;

 人の裏をかく、というのはけっこう難しいものである。

ゼロ・エミッション自動車

 自動車販売数の落ち込みに関するニュースが多い中、
こういった状況を打破するのは「ゼロ・エミッション自動車」なのかも
しれない。
 ゼロ・エミッションの電気自動車、国内各社が実用化目前 -AFPBB News
 http://www.afpbb.com/article/economy/2554764/3655096
 
 やはり普及させるには「価格」と「性能」が関わってくるだろう。
 記事によれば、三菱が1台=300万以下での販売を検討しているという。
 うーん、もうちょっと安くならないと普及させるには厳しいと思う。

 あと個人的な意見だと、4輪駆動(4WD)があるかどうか。
 雪国では4駆がないと危なっかしくて、運転が怖いからなあ。

人形劇三国志~『赤壁の戦い』

 ニコニコ動画で人形劇三国志:第33回『赤壁の戦い』を見ることができる。
 この回を見るだけでも、赤壁の戦いがどんなものだったのか、
『レッドクリフ』を見ずとも理解できるだろう。
 
 やっぱり僕にとっての「三国志」はこれだわ。
 曹操と周瑜が同じ声(=岡本信人。最近、この人って野草を天ぷらにして
食べてることで有名らしい)じゃんという、野暮なツッコミはさておき。

 人形劇とはいえ、実際の火を使ったり、帆船の細部まで作りこんであったりと
スケールが大きい。
 操演した人たち、声を吹き込んだ俳優たちが生み出した素晴らしい作品だ。

HIO第17号

 今年初めてのクラメン同士の大会で、HIOが決まった。
 これでシーズン4:通算17号目である。

 HIO0417  HIO0417a
 新年最初の大会でのHIOということで、まずは幸先の良いスタートを切った。

 さて、今年はどれぐらいのHIOを決めることが出来るのだろうか。
 目標としてはシーズン4通算で30本台には乗せたいところだ。

初滑りで筋肉痛

 スノボで「初滑り」。地元の車山高原に行った。
 時間があれば、もうちょっと遠出したかったけれど、
それはまた次の機会にしときましょ。

 スキー場に向かうまで、道路には全く雪がない。
 つまりはゲレンデのコンディションもあまり良くない。
やはり雪質の面においては菅平や白馬には遠く及ばずといった感じだ。

 それから人が多いとマナーも悪い。
 板を履く時になんで安全な場所で行なわないのかねえ。
 他のスキーヤーやボーダーとの招かざる衝突事故を防ぐ意味で、
自分の身の安全を守ることは大事なことだと思うんだけど。

 今シーズン初めてのボードで、今日は筋肉痛です。参ったなあ。 

 それにしてもお正月って、アホで下らないバラエティ番組の
オンパレードだらけだ。
 それらが放送されるということは、需要があるからなのだろうか。

「坊主めくり」~三枝の国盗りゲーム

 「坊主めくり」というゲームがある。

 百人一首の絵札を使って遊ぶゲームで、最終的に一番手札の多かった者が
勝つというルールである。

 遊び方は、数人で伏せられた山札をめくりあう。
 「坊主」札が出れば自分の手札を全て供託しなければならない。
そして「姫」札が出ればその供託された札を自分のものにできる、という
年代を問わずに遊べるカードゲームだ。
 
 僕も幼少時からこのゲームをしており、終盤間際での「坊主」登場で
涙を飲んだことも数多いし、また「姫」札での一発逆転で実に爽快な気分に
浸れる、楽しいゲームだと思っている。
 
 「坊主めくり」で思い出すのが、『三枝の国盗りゲーム』だ。
 うわあ、三枝、若いなあ。イスから転げ落ちるシーンは無かったっけ(笑。

 クイズについてはまだこの頃はよく分からなかったが、最後の
「坊主めくり」ゲームは、TVの前でハラハラドキドキしながら見ていたことを憶えている。

 クイズと坊主めくりのコラボ――。
 これって、今放送してもけっこう面白い内容だと思うんだけどなあ。

「限りなく透明に近いブルー」ではなく・・・

 今日は「ブルー」についてのお話。

 「チャイナブルー」という色があることを生まれて初めて知った。
 友人が中古車を買ったようで、クルマの色がそれなのだという。

 直訳すれば「中国の青」である。 
 いったいどんな色なのかというと、下記の記事によれば
「やや緑がかったブルー」を指すらしい。 
 オートカラーアウォード2006、日産マーチ「チャイナブルー」がグランプリに -Response
 http://response.jp/issue/2005/1209/article77270_1.images/102313.html

 そういえば、サッカー日本代表のユニフォームのことを
ジャパンブルー」と呼ぶことがある。 
 これは「藍染め」の色を指すようで、「チャイナ」と「ジャパン」のブルーの
違いは明らかだ。

 中国、日本、とくれば、やはりアメリカの「ブルーハワイ」(or「ハワイアンブルー」)も
忘れるわけにはいかない。
 「ブルーハワイ」は、遥けき南国の海を連想させるような鮮やかな青色が
特徴的だ。かき氷でもお馴染みのあのシロップの色である。

 色の表現には、いろんな言葉があるんですねえ。

初打ち

 初打ち
 知り合いのお宅で「初打ち」。
 たぶん日付が変わっても打っているでしょう。
 (ケータイからの初めてブログ更新なんですが、
うまく載っているのかな)

 それにしてもショックです。
 新年早々、役満の1つである「大三元」を振り込んでしまいました。
 「ざわ・・・、ざわ・・・」なんていう異様な雰囲気なんて
全くなかったのになあ。

2009年スタート

 今日から2009年のスタートですね。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 年明けといえば、パンヤでは恒例の「福袋」が販売される。
 なにはともあれ、ご利用は計画的に。
 当たる当たらないはGamepotのみぞ知る。あの軍師も
こう助言してくれていますよ。
 孔明「すべては運です」
 ポンタの福袋2009を購入しますか? Y/N

 ・・・さて、年が明けたからといって別段変わったことはないけれど、
とりあえずは気持ちを新たにして今年1年も乗り切ろう。

 このブログは去年以上に内容が「ごった煮」になっていくかも知れない。
 相変わらずクイズとパンヤについては今年も興味を持っていこうと思う。
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。