HOME   »  2009年12月
Archive | 2009年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年のパンヤを振り返る

 今年も残りわずかとなった。
 個人的な2009年のパンヤでの出来事を振り返ってみたい。

 1月・・・「2009福袋お年玉ナンバー」で5等当選。賞品は赤ビン。
 2月・・・「クーのセレクトボックス」でアンダーソン獲得。
      看板には〝慎重かつ大胆に!〟と書いたままだ。
 3月・・・レアアイテム「イクシードクラブ」を当てる。
      今でもこのクラブセットは重宝している。
 4月・・・ベストスピーダー賞・通算500回達成。
 5月・・・セルデザ初挑戦。
      禁断の領域に足を踏み入れたのは、この時期だったか(笑。
 6月・・・この頃からブログ内容におけるサッカー関連記事が顕著に。
 7月・・・三ッ矢サイダーとのコラボ。「からあげくん」がまだ残ってる。
 8月・・・色紙当選。これヤフオクに出品したらどうなるんだろう。
 9月・・・ナチュサーバの過疎化。
      この後、獲得PP増加などの修正が行なわれる。
 10月・・・カディエSCを入手。今年一番のサプライズ。
 11月・・・ゴージャスとのコラボ。「孵化」は案外面白かった。
 
 今年は課金金額のわりに、ガチャ運やレア運に恵まれすぎた感じだ。

 そして「セルフ」という新たな楽しみを発見できた。
 セルフを描く上でアドバイスを下さった方、購入してくださった方に対して
本当に感謝しなければならない。 
  
 今年1年、お付き合いいただきありがとうございました。
 来年も充実したパンヤライフを送れるようにしたいですね。
スポンサーサイト

バニーコスチューム

パンヤバニー衣装.PNG
 12/24のパンヤアップデートで、「バニーコスチューム」が実装された。

 公式サイトには〝クリスマスにぴったり!〟とキャッチが載っているけれど、
バニー衣装=欽ちゃんの仮装大賞、と思うのは僕だけだろうか。

 11枚でセシリア、アリン、クーが当たったので上出来だろう。
 アリン衣装に付いている手装備のカフスはステータス的に
けっこう重宝しそうだ。
 
 上の画像にある【ドリームパンヤクラブ開店】って何だろうと思い、
googleで検索してみると・・・「あなたはピュアな心をお持ちですか?」と
唐突に聞かれたので「いいえ」を選んだら、やんわりと入場を断られた。 
 ふ~ん、キャバクラを舞台にしたゲームがあるんだなあ。

【削除】レアルマドリー#7 ラウル

 この作品は【削除】されています。

 クーラウル01.PNG 3rdレアル99.PNG
 セルデザ第16弾 「レアルマドリー#7 ラウル」
 レアルマドリー 99/00シーズン3rdユニがモデル(01シーズンも着ていたかも)。
 黒のユニ、そしてTekaのスポンサーロゴがとてもマッチした1枚。

 そういえば久々にメジャーなクラブを描いたな(笑。
続きを読む

【削除】 ヴォルフスブルク#13 長谷部誠

 この作品は【削除】されています。

 ヴォルーシア01.PNG ヴォル長谷部.PNG
 セルデザ第15弾 「ヴォルフスブルク#13 長谷部誠」
 2009年最後のセルフはこんなマニアックな1枚で幕を閉じるけど、いいのか(笑。

 これはドイツ・ブンデスリーガで優勝した08/09シーズンHomeユニがモデル。
 ハートをあしらったデザインが特徴的だ。
続きを読む

ゴキブリ

 地元紙・信濃毎日新聞に興味深い記事が載っていた。

 寒い信州ゴキブリ少ない? 「うらやましい」ネットで話題 -信毎web-
 http://www.shinmai.co.jp/news/20091216/KT091215FTI090008000022.htm
 寒さ厳しい信州ではゴキブリが生息しにくいらしい、とまとめてある。

 僕も昔からなんとなくそう思っていたが、この記事を読んで納得がいった。
 我が家でゴキブリを見たことはないし、ゴキブリホイホイなどの殺虫剤は
今まで1度も買ったことがないからだ。

 それにしても、ネットで「ゴキブリ 退治」というワードで検索する人が多いだなんて、
それだけゴキブリに頭を悩ませている人が全国には多いんだなあ。

甄姫あれこれ

 「甄姫」とか「シン姫」という検索でこのブログに
来られる方が多いので、『雀・三国無双』での甄姫画像あれこれを。
続きを読む

『JIN-仁-』

 日曜21時からのTBS系ドラマ『JIN-仁-』が面白い。

 『JIN-仁-』 -TBS公式-
 http://www.tbs.co.jp/jin2009/
 『JIN-仁-』注目のラストへ-毎日jp-
 http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/manga/20091213/?link_id=REH04
 ↑これは提灯記事だけど。

 医学をめぐる江戸期の時代考証や生活背景、そして歴史上の人物との
関わりあいなども見ていて興味深い。
 ペニシリンの開発のストーリーは思わず「へぇ」と感心した。

 キャストは、内野聖陽演じる坂本龍馬が見事にハマリ役。
 この人、2年前の大河『風林火山』の山本勘助役も巧かった。

 来年の『龍馬伝』の主演は福山だけど、この内野版龍馬の方が
とても人間臭くて個人的には好きだなあ。
 
 ちなみに『JIN-仁-』以外で今見ているドラマは、『坂の上の雲』と『ライアーゲーム』。
 主演がどうのではなく、ドラマの肝はやっぱり脚本だと僕は思う。

バレー

 クラブW杯が開催されている。
 今回はUAEでの開催なので、日本での放送は深夜から早朝となってしまうのが
残念(ちなみに来年もUAEでの開催が決定している)。
 日本開催なら時差を気にせず楽しむことができたのだが。

 ・・・ということで録画して見ている。
 
 開幕戦、アルアハリvsオークランドのスターティングメンバーに
懐かしい名前を見つけた。
 それはバレーだ。
 へえ、アルアハリのFWとして活躍しているんだ。
 バレーは、かつてヴァンフォーレにいて大活躍をしたブラジル出身のFWだ。
 2005年のJ1昇格、そして2006年のJ1残留は彼の力が大きく作用したと
いっても良いだろう。 

 バレー「日本のファンのためにベストを尽くす」 -スポーツナビ-

 アルアハリは試合には負けてしまったし、バレー自身もゴールを挙げることは
できなかった。

 今度バレーを見るときは赤ではなく、青のユニフォームを着て、
小瀬でゴールに向かって突進していく勇姿を見てみたいなあ。
 きっとヴァンフォーレファンなら温かく迎えてくれるだろう。

鼻から牛乳

 鎌クラブ.JPG
 ハロウィンの頃に実装されたソウルリーパークラブセット。
 このクラブセットでパンヤショットが出ると、あの曲が流れるのだが・・・。

 近頃、パンヤでこの音楽を聞くと「♪チャラリ~、鼻から牛乳」という
フレーズが頭の中でリフレインして困る。 
 正しくは、バッハが作曲した「トッカータとフーガ」の出だしの部分なのだが、
嘉門達夫の替え歌が給食の時間に流れた世代の僕には、どうしても「鼻から牛乳」の
歌詞から離れられない。

 
 ある意味、こういう才能を持った人間というのは貴重なのかもしれない。 
 嘉門達夫以外に「替え歌」というジャンルで一定の成功を収めた人間がいるだろうか。

 「坊や~、良い子だ~、カネ出しな」とか
「街の明かりが~、全部消えたら停電」など挙げたらキリがない。  
 個人的には「愛しさと~、切なさと~、糸井重里~」が良いなと思ってるけれど、
この動画には収録されていないのが残念。

冬「将軍」

 今日は二十四節気の1つ「大雪」だという。
 12月になって朝方は冷え込む日が多くなってきた。
おそらくマイナス5℃ぐらいまで下がっているのだろう。

 この時期の天気予報を聞いていると、「冬将軍」という言葉を
見聞きすることが多い。
 NHKでは、冬の文字をかたどった兜をつけた将軍様のイラストまで
たまに登場する。
 冬将軍
 冬の寒さの厳しさを例えたものだが、なぜ「将軍」なのだろうか。

 たとえば「冬皇帝」の方がランクが上だし、こっちでも良いような気がするけれど、
「冬将軍」にはきっと何か由来があるに違いない。
続きを読む

松本山雅、JFL昇格へ

 ヴァンフォーレが昇格できなかったり、愛車の自損事故を起こしたり、
家のカギをなくしたり・・・。 
 唯一のグッドニュースは、松本山雅がJFL入りを決めたこと。

 長野県にJのクラブが誕生するなんて到底無理だろうと思っていた。
 でももしかすると近い将来、本拠地・アルウィンを舞台にJで活躍するクラブが
誕生するのではないかと淡い期待を抱いている。
 ファジアーノ岡山のように、一気にJ2へと駆け上がったクラブもあるしね。

 松本山雅が優勝、日立栃木とともにJFL昇格=地域サッカー決勝 -スポーツナビ-
 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20091206-00000027-spnavi-socc.html

「学習」と「科学」休刊へ

 ちょっと残念なニュースを耳にした。
 「科学」と「学習」休刊へ -Yomiuri Online- 
 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20091204-OYT8T00426.htm

 僕もずーっと「学習」と「科学」を読んでいた。
 毎月この雑誌を読むのが楽しかったなあ。 

 僕の文系志向は、この「学習」によるものが大きいと今になって思う。
 「学習」は年に数回、別冊読み物やカセットテープがついていた。
 今でも覚えているのは、歴史年号早おぼえのカセットとか
林家木久蔵(今は木久扇)の落語「桃太郎」と朗読「鼻」(作・芥川龍之介)のカセットだ。

 記事によれば「時代のニーズに合わない」という学研広報の談話が載っている。
 でも「時代のニーズ」ではなく「子供たちのニーズ」を汲み取れなかった
編集方針も休刊の一因だろう、と僕は思う。
 
 本が嫌いな子供たちが増えたわけではないと思うし、
「学習」や「科学」の魅力を伝えることができていれば、ここまで
衰退することもなかったんじゃないのかな。 

【削除】カズ、三浦カズです。―シドニーFC #11KAZU

 この作品は【削除】されています。

 シドニーエリカ.PNG シドニーカズ.jpg
 セルデザ第14弾 「シドニーFC #11 KAZU~クラブW杯Ver.」
 2005年クラブW杯に出場した、シドニーFC Homeユニがモデル。
 玄人好み&一般人置き去りのユニの登場となった。

 毎年12月になるとクラブW杯が行なわれる。
 トヨタカップというかつての名称も今となっては懐かしい。
 そんな「世界一のクラブ」を決める大会に初めて出場した日本人選手、それが
シドニーFCに期限付きで移籍をしたカズだった。
続きを読む

クラブW杯 2009

 あと1ヶ月で2009年も終わりだ。
 年賀状の準備やら、なんやかんやで残りの日々は
あっという間に過ぎていくのだろう。

 そういえば、今年のクラブワールドカップはUAEで開催かあ。
 TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ UAE 2009 -公式サイト-
 http://www.ntv.co.jp/fcwc/index.html

 現在、クラブW杯に関連したクラブチームのセルフを描いている。
 なんとか開幕までにには完成させるようにしたい。

Jサカつくオンライン

 Jサカオンライン.PNG
 「Jサカつくオンライン」をちょこちょこ遊んでいる。
 ちなみに現在はテスト期間中であり、正式稼動は2010年春以降になるらしい。

 家庭版の「サカつく」とは違って、練習や留学で選手の能力を上げたり、
スカウトを雇ったり、ホームタウンを大きくしたりということはない。

 選手獲得は、試合で勝ったポイントを貯めてカードを購入。
 能力を伸ばすには、ポイントでスキルを購入し、それを選手に装備させる。
 試合は1日に6試合ぐらい自動的に行われる。試合中の指示はできない。
ログイン時に試合結果を確認をする。

 Jsaka試合シーン.PNG
 八塚さんの実況や木村和司の解説があれば、さらにいえば
(実況と内容がかみ合わない)ジローラモのピッチリポートも
ついていれば言うことなしなんだけど・・・。
 「前半38分、ボールはアントラーズ。
  ああっと!インターセプト! ボールを奪います」

 いまだにサッカー観戦をしているとこんな八塚節が脳裏に甦るぐらい、
サターン版は時間を忘れて遊んだものだ。 
続きを読む
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。