HOME   »  2011年01月
Archive | 2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタック25【11/01/09】~女子アナ16人大集合

 この日のアタック25は、毎年恒例の女子アナ大会。
 
 
 【旅行クイズ】 「あるお寺」 

  京都の東山に位置する、このお寺は、
 清めの水が流れ出る音羽の滝や鮮やかな仁王門があり、
 参道では、名物の焼き物が売られています。
  年の瀬に発表される「今年の漢字」や
 ライトアップで浮かび上がる舞台など、見どころいっぱいの
 世界遺産です。

続きを読む
スポンサーサイト

ゴールパフォーマンス

 アジアカップの日韓戦は、白熱したいい闘いだった。
  
 そんな中、「猿まねパフォーマンス」が物議を醸している。
 ・・・そういえば、韓国って「サッカーと無関係のパフォーマンス」を
していたことがあったよなぁと思い出した。

 スケートパフォーマンスをする、アン・ジョンファン
 http://www58.tok2.com/home/letsgokorea/bousou/team.html 
 
 2002年日韓W杯でのグループリーグ、韓国vsアメリカ戦。
 ゴールを決めたアン・ジョンファンが、ソルトレーク五輪での
スピードスケートの誤審に抗議した“スケートパフォーマンス”。 
  
 五輪の遺恨をW杯で晴らした、とアンは思っているんだろうけど、
僕はこのパフォーマンスを見て「なんだかなあ・・・」と呆れてしまったのを
覚えている。

 キ=ソンヨンの弁明する、旭日旗とか、大韓民国国民であるとか、
それは後付けの理由だろう。
 サッカーでゴールを決めたからといって、こういったパフォーマンスが
正当化されることにはならない。 

おばけなんてないさ

 『おばけなんてないさ』といえば、“あー、懐かしいなぁ”と
いるかも知れないし、“聞いたことあるけど、もう忘れちゃったもんね”と
いう人もいるだろう。

 昨日の「アタック25」。
 あと1問でアタックチャンスという大事な場面で、こんな出題がされた。

児玉さん 残るパネルは、いよいよ6枚。
 あと1枚でアタックチャンスへ入るかっ!
 参ります、この問題。どうぞ、加藤さんっ。
 

  童謡『おばけなんてないさ』の歌詞で、
 ♪おばけなんてうそさ、の後、「誰が」みまちがえたのさ、と
 歌われているでしょう?


 僕には、この正解が分からなかった。

 正解は・・・
続きを読む

アタック25【11/01/16】

 人物クイズ「池上彰」で始まった、01/16のアタック25は40代大会。
一昨年、娘さんがこの番組で優勝したという、赤の方が大逆転勝利。
 ⇒娘さんが出場したときの「アタック25」観戦記。
  2009/08/09 「アタック25」省エネ女子高生
  http://2496.blog5.fc2.com/blog-entry-518.html 

 ちなみに赤は4問正解しただけ。正解が多いだけでは優勝できない典型例を
垣間見た、いかにもアタック25らしい展開になった。
 
 【旅行クイズ】 『ある人物』
  

  ピアノで作曲をしたという、????は、1844年、現在のドイツ生まれ。
  ワーグナーやショーペンハウアーに傾倒し、バーゼル大学の
 教授になりました。
  このほど、この人物の残した名言の『超訳本』が話題となり、
 後世に大きな影響を与えた哲学者として改めて注目を集めています。

続きを読む

諏訪湖結氷

 最近の冷え込みで諏訪湖が全面結氷した、という
ニュース記事を目にした。
 諏訪湖が全面結氷、御神渡り出現に期待高まる -信毎web-
 http://www.shinmai.co.jp/news/20110114/KT110114FSI090007000022.htm

 最近の御神渡りの出現は2008年だったのか・・・。
 今年もけっこう冷え込みが厳しいので、2月初旬まで
この寒さが続けば、ひょっとしたら御神渡りが見られるかも知れない。

I=ZAMORANO 00-01

 サモラノエリカaa.PNG サモラノエリカ全体.PNG イヴァンサモラーノ.jpg

 Inter#1+8 イヴァン=サモラーノ 00-01シーズンHome
 (新作ではないのだけれど、以前描いたものをブログに
全然upしていなかったので、改めて記事にしたわけで。)

 チリ代表のFWで有名な選手といえば、このイヴァン=サモラノ
マルセロ=サラスだろう。
 98フランスW杯南米予選や本大会では、ZA-SAコンビとして活躍する。
 そのときのW杯グループリーグ初戦でのイタリア戦。
 
 ロベルト=バッジオが「4年越し」で決めたPKばかりが注目されたが、
僕は、このZA-SAコンビが奪った2ゴールの方が強く印象に残った。
 
 
 なぜインテルでの背番号が「1+8」なのか、といえば・・・。
続きを読む

伊達直人

 長野県でも、タイガーマスクこと伊達直人名義の寄付が
ニュースになっていた。
 寄付:県内にもタイガーマスク 松本、上田にランドセル -毎日.jp-
 http://mainichi.jp/area/nagano/news/20110112ddlk20040002000c.html

 一過性のものでなく、今後も継続的に行なわれればいいなあ。

 そういえば、高校生の頃、課外学習で児童養護施設に行き、
児童たちと一緒に遊んだり、おやつを作ったりと、僕は不器用ながら
お世話をしたことがあった。

 実習の最後、そこの所長が仰った内容がいまだに忘れられない。
 「ここにいる彼らを“同情”や“憐憫”の目で見ないでください。
彼らは自分たちのことをそのように思ってはいないのです。」
 
 このニュースを読みながら、ふと昔のことを思い出した自分がいる。

蘇民将来符

 上田市にある信濃国分寺で行なわれた、八日堂縁日に出掛けてきた。
  「蘇民将来符」に平穏願う 信濃国分寺で八日堂縁日 -信毎web-
 http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_175508

 「国分寺」といえば、日本史に詳しい人やクイズをかじった人なら分かる
かも知れないけれど、8世紀に聖武天皇の勅令によって日本各地に建立された
寺院のことだ。その信濃国分寺が上田市の国道18号沿いにある。
 
 蘇民将来符.JPG
 八日堂縁日といえば、この六角形の「蘇民将来符」(=護符、と
いったようなもの)が有名で、この縁日でしか購入できない護符が
けっこう多い。
 (ただ、一番小さい3cmぐらいの蘇民将来符は、
信濃国分寺でいつでも購入することができるようだ)

 僕の母の実家は上田市であり、幼い頃は毎年のように、
この八日堂縁日に連れられて行った。
 国分寺近くにはボウリング場があり、そこで「投げ初め」を
するのも我が家の新春恒例行事だった。 

 話によれば、この蘇民将来の伝統は500年以上にも
渡っているという。

 その伝統が今なおこうして受け継がれていることに驚きつつ、
未来に渡ってもこの伝統は失われずに残っていくんだろうなあと、
この護符を眺めながら、そう思った。

“エル・ラトン”引退

 元アルゼンチン代表の、ロベルト=アジャラが現役引退するという。

 サッカー=元アルゼンチン代表主将、アジャラが現役引退へ -Reuters-
 http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-18852620110101

 R=アジャラといえば、アルゼンチン代表でも活躍したが
やはり僕としてはヴァレンシアでDFのリーダーとして頑張っていた
印象が強く残っている。

 昨夏はルーベン=バラハも引退したし、
何かこう、昔のヴァレンシアで活躍した選手の現役引退ニュースを
見聞きすると、ちょっと寂しい。

2011年スタート

 今日から2011年の始まりですね。
 今年もどうぞよろしくお願いします。

 さて、今年は甲府がJ1の舞台に復帰する年でもあり、
夏には、コパ・アメリカが行なわれる。
 コパ・アメリカの優勝国はブラジルと予想。2位はメキシコ。

 甲府はJ1で、おそらく中位から下位あたりをウロウロするだろう。
 勝負の世界はそれほど甘くはないだろうから、
いくら贔屓目に見ても、いきなりの好成績は残せないだろうと思う。
 新監督の戦術はどうやら守備偏重のようなので、苦しい戦いを
強いられることも多いはず。

 ファンとしてはいい方向に裏切って欲しいけれど、
まず今シーズンはJ1に残留して、エレベータークラブにならないように
クラブを作っていって欲しい。
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。