HOME   »  2011年10月
Archive | 2011年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EURO2000 イングランドvsルーマニア

 世界73カ国サッカー解体新書.JPG
 先日買った本である、
『世界73カ国代表サッカー解体新書 1978~2005』
読んでいて、EURO2000のある一戦を思い出した。
 サッカー解体新書ルーマニア.JPG
 この本のルーマニアのページ。
 
 EURO2000 イングランドvsルーマニア
 ポルトガル、ドイツ、イングランドと同組になったルーマニア。 
 グループリーグ最終戦において、ここまでルーマニアは勝ち点「1」しか得られず、
イングランドに勝たねばGL敗退が決まる。
 一方のイングランドは勝ち点「3」。引分け以上でGL突破という有利な状況。
 
 あの名手、ゲオルゲ=ハジが出場停止というピンチの中で
ルーマニアがサッカーの母国を葬った劇的な試合だった。
 
 ルーマニアファンには、この試合のことを思い出すと
あの興奮が蘇る記念すべき一戦。
 キブ、ムトゥ、コントラといった若手が活躍して今後のルーマニアは安泰だ、と
この時は思ったのだが…。
スポンサーサイト

「スパイクさん、明日もよろしくね」~鮫島彩

 モンペリエルーシアaa.PNG モンペリエ鮫島bb.JPG モンペリエ集合鮫島.JPG
 Montpellier Herault Sport Club
 #8 Aya SAMESHIMA
 2011-12 HOME


 2011女子World Cup―。
 この大会中、鮫島選手には恒例の“儀式”があったという。
 それは「スパイクさん、ありがとう。明日もよろしくね」と丁寧に
スパイクを磨くことだった。
 イングランド戦前夜には磨く道具がなく、その結果、試合に敗れた。
 決勝トーナメント以降、彼女は熱心に磨いていたという。

 

 モンペリエ公式サイト(フランス語)
 http://www.mhscfoot.com/multimedia/galerie-photos2?cat=0
 試合の様子の写真がupされている。
続きを読む

『傭兵ピエール』

 本日から「2011・読書週間」だそうである。
 (社)読書推進運動協議会  http://www.dokusyo.or.jp/
 朝の読書の時間での『ズッコケ三人組』とか、懐かしいなあ。 

 さて、最近読んだ本で面白かったものをちょっと紹介。
 『傭兵ピエール』 上・下 佐藤賢一・作
 傭兵ピエールaa.JPG 

 時は15世紀のフランス。いわゆる“百年戦争”の時代。
 傭兵隊長のピエールが、あるきっかけでジャンヌ=ダルクと出会い、
オルレアン解放へと身を投じていく…。
 その戦いの後、田舎町の守衛隊長になったピエールの元に、
イギリス軍の捕虜となったジャンヌを救出せよとの密命が―。 

続きを読む

隠しチーム登場~『バーチャストライカー』

 もはや過去の名機となった、ドリームキャスト。
とはいえ『バーチャストライカー2』は今でもたまにプレイしている。
 …果たして、現代日本においてどれだけの人がDCで遊んでいるだろうか。

 過去の記事で DCバーチャストライカー2~隠しチーム を載せたが
ようやくRanking Modeでウルグアイとスウェーデンが登場。
 バーストSWE.JPG バーストURG.JPG
 ポルトガルも使いたいんだけどなぁ。なかなかRankingが上がらない。

 【次回予告】
 20101026aa.PNG
 何ッ…! 今までで一番マニアックなクラブ。
 どこかの代表を描いてます、と伝えていたけど路線変更。

エスパルス vs ヴァンフォーレ

 再び降格圏内に逆戻り・・・。
 
 ヨンアピンはいなかったが、ボスナーや平岡の壁を全く崩せなかった。
 それにしても清水の3点目、ユングベリの突破からチャンスを作っての
ゴールまでの流れはお見事としか言いようがない。

 それにしても…、今季途中から加入したダヴィ…。
 かつてJで活躍したとはいえ、甲府で全く結果を残していない。
もう残り試合もわずかだし好結果を期待するのはもう無理だろう。  

 今季の補強はベテラン勢ばかりだった。
 クラブの行く先を見据えて、これからは若手の育成に
もっと力を入れて欲しい。

FIFA女子ワールドカップ~ドイツ2011総集編

 FIFA女子ワールドカップ~2011ドイツ。
 あの熱闘の日々から数ヶ月が過ぎた。
 
 改めて見てみても、全身の血管がざわざわするような高揚感を抑えられない。
 本当にいい試合ばかりだった。

ストイコビッチもヨロコビッチ~サッカーCM集

 お隣のはるれいさんのブログで、サカ☆動という
面白い動画を見ることが出来る。興味のある方は是非^^

 僕も過去にブックマークしていた、ちょっと珍しいCMを取り上げてみよう。


 名古屋市交通局・ユリカカードのCM
 
 ピクシーにもこんな過去が…。
 「ストイコビッチ も よろこびっち」と、中途半端な韻を踏んでいる不思議なCM。
正直ユリカカードより、この決め台詞しか頭に残らない(笑。
 今シーズンのJを制すれば、よろこびっちなストイコビッチが見られるかも。

 
 ご存知、永谷園の「Jリーグカレー」
 まさお がどう見てもサッカー少年ではなく、わんぱく相撲の前頭筆頭に
見えてしまうのは、僕だけだろうか。
 進化論を唱えたダーウィンもびっくりの ラモス への突然変異も
衝撃だが、今見てみると家族全員がレトルトカレーを食べているのがあまりにもシュール。

 
 中国におけるHERBALIFEのCMにメッシが出演。
 メッシが卓球というレアなシチュエーションが見所だけど、
でもやっぱり最後は足で打つのね。

 
 シャラポワの髪型がかわいいCM、否、ドログバやアルシャヴィンが
きちんと出ています。

 ナイキのCMで、アフリカにおけるエイズ問題を啓発する「Lace Up、Save Lives」.
 NIKEって、ただ単にCMを流すだけでなく、スポーツ選手を起用して
啓蒙活動をしていこうという姿勢が他の企業とは一線を画しているように思う。

#18 ポール=スコールズ

 ケンスコールズaa.PNG ケンスコールズbb.JPG
 ManUtd #18 Paul Scholes
 99-00 2nd


 僕がマンUで大好きな選手の1人、ポール=スコールズ。 

 時折見せる豪快なミドルの破壊力、長短織りまぜた素晴らしいパスには
息を呑む。大きなサイドチェンジのパスからいくつもの好機が生まれたのを
僕は忘れない。  
 
続きを読む

セレッソ vs ヴァンフォーレ

 2011年のJもいよいよ佳境を迎えてきた。
 最近はJのリーグ戦が行なわれる日は、どうも落ち着かない。
 「あー、もうすぐ試合始まるわ」と時計をチラチラ気にし、「途中経過は・・・」と
ケータイとかPCをついついいじってしまう。

 2011年のJ1・第29節。
 世間的には、名古屋vsガンバのカードに注目が集まっただろうが
残留争いから目が離せない。
 2011 J1 第29節 名古屋 vs G大阪~ゲームサマリー -J's Goal-
 http://www.jsgoal.jp/game/2011/20110100010420111015.html

 そんな中、ヴァンフォーレはセレッソに4-0の快勝! 
 2011 J1 第29節 C大阪 vs 甲府~ゲームサマリー -J's Goal-
 http://www.jsgoal.jp/game/2011/20110100010520111015.html
 
 最近、ハーフナーの身辺が騒がしくなってきた。
確かに高さは大きな魅力だが、果たして海外で通用するのかはちょっと疑問だ。
 足元の技術が特に秀でているわけでもないし、スピードも速くはない。
 はっきり言えば、Jだからこそ活躍できているような気がするのだが。 

 甲府のJ1残留を決めてどこか別のJクラブへ移籍、というシナリオになれば
ハーフナーを見送る立場としては、もう何も言うことはない。

代表戦とJリーグの温度差が酷過ぎる。

 代表戦とJリーグの温度差が酷過ぎる -footballnet- 2chサッカー
 http://2chfootball.net/2011/10/j-64.html
 興味深いまとめログが出ていた。

 個人的には、代表戦とJリーグの「温度差」って何だろう、と思う。
 ニワカでもマニアでも楽しめるのがサッカーだし、それぞれ視点が
違って当然でしょう。それでいいんじゃないの。

 代表戦は国と国との戦いなのだから、日本全体がアツくなる。
 一方のJは、地元クラブあるいは好きなクラブを応援するわけで
これもサポーターにとってはアツくなるのは間違いない。
 
 客観的に見るか、主体的に見るかで「温度差」の言葉の捉え方は変わる。
 それを踏まえたとしても一概に「温度差が酷すぎ」なのだろうか。
続きを読む

岡ちゃんトルシエジーコジーコ

 初めてHALCALIの曲を聞いた時、
僕は“第2のPUFFYが来た…!”と思った、あの衝撃は忘れられない。

 アルバム『HALCALI BACON』に収録されていた
「嗚呼HALCALIセンセーション」は、かなりイイ。 
  

♪岡ちゃんトルシエジーコジーコ
 ロベカルロナウドフィーゴフィーゴ
 レアルな言葉とビートビート

 「嗚呼HALCALIセンセーション」~歌詞一覧
 http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND66453/index.html

 HALCALIの2人が生まれた80年代後期から2000年代初頭までの
出来事(ソウル五輪、MD、Aムロ、Aユなど)をサラっと歌詞に取り入れちゃっている中で、
いきなり出てくるサッカー日本代表監督やレアルの選手たち。

 何かのきっかけがあれば、一気にブレイクしてもおかしくないんだけどな。

インスタントコーヒーの蓋の開け方

 img2e6b9f33fzkt1o.jpg
 朝から「今日はツイてないなぁ・・・」と思う時がある。

 例えば、インスタントコーヒーの内蓋(アルミ箔のフタ)を開けようとしたら、
勢いあまって床にコーヒーを撒き散らかしてしまった時なんか。
 せっかく、おとといスーパーの安売りで買ったのにもったいない。
  
 そういえば開封時、この内蓋は全部剥がしたらいいのか、それとも
蓋は全部剥がさないほうがいいのか…。そんな疑問がふと浮かぶ。 

 きちんとした答えは、ネスカフェのサイトに載っていた。
続きを読む

日本vsタジキスタンとジーコイラク

 最近気付いたのは、
 “自分の応援しているクラブの選手が代表で活躍すると
代表戦がさらに面白く見られる”
ということ。

 ハーフナーがついに代表初ゴール!
 あんな打点の高いヘッド、最近のJではあまり見られなかっただけに
余計に印象に残るゴールだった。

 そうそう忘れちゃいけないジーコのイラクは・・・お、中国に勝ってる。
 アジア3次予選~グループA順位表 -スポーツナビ-
 なんか気になる存在なんだよなあ、ジーコイラク。

マルチロール

 コクー.PNG
 「無くて七癖」という言葉がある。
 “誰にでも多少なりとも癖があるよ”という意味の言葉だ。
 僕には悪い癖があって、それを自覚しているのにも関わらず
直そうという意識があまりないのだからタチが悪い。
 
 僕のその癖は 「何でもサッカーに例えたがる」というものだ。
 それが時としてサッカーを知らない周りにとっては意味不明なんだとさ。

 例えば、今日の大きなニュース。
 ルパン三世声優陣大幅刷新。銭形は山寺宏一 -日テレNEWS24-
 http://news24.jp/entertainment/news/1619531.html
 
「山寺宏一って、声優界のフィリップ=コクーみたいだな」
思ったのだが、果たしてどれぐらいの人がこの意味を理解できようか。
 
 今までの銭形警部の声に似せるのか、それとも全く違うものになるのか
ちょっと興味があるなあ。

史上最強の助っ人

 「その人物とはっ?」

 ―「バース!」

 「正解ッ! どこでお分かりになりました? おぉ、あの阪神の
ユニフォームでしたか。しっかり映っていましたね。
 それでは一緒に確認してみたいと思います。ランディ=バース。」
 神戸牛ステーキ.JPG ランディ・バースaa.JPG アリンバースab.PNG 

 神戸牛が好きだったという、ランディ・バースは、1954年オクラホマ州の生まれ。
 メジャーリーグの各球団を転々としましたが、長打力を買われて
阪神タイガースに入団。その後、三冠王、首位打者、MVPなど数多くの記録を樹立。
 “史上最強の助っ人”の呼び声高い背番号「44」の活躍は、今でも阪神ファンの間で
語り継がれています。

 「ということで、ランディ=バースでした。お見事!」
続きを読む

ヤン坊マー坊天気予報

 夕飯の準備中に何気なくテレビをつけてみたら、
地元放送局の天気予報で『ヤン坊マー坊天気予報』が流れていた。
 
 『ヤン坊マー坊天気予報』 
 http://www.yanbohmarboh.jp/tenki/index.html
 どうして、出だしでTIMっぽい人文字を作るのか(笑。そして最後に
出てくる黄色の男はパパイヤ鈴木なのか…。
 なにかこうテクノっぽく(?)、いや、ユーロミックスっぽく(??)なったというか、
僕の記憶の中の『ヤン坊~』とちょっと違うように感じた。
 
 気になって調べてみると、過去の『ヤン坊~』の動画があった。
 ヤン坊マー坊ヒストリーMOVIE
 http://www.yanmar.co.jp/special/YM/history/history.html
 こうやって見ると、けっこう変わってきているんだなあ。

スウェーデンの赤鷲

 「その人物とはッ?」

 ――「ケネット=アンデション。」

 「(♪不正解の音) フレドリック=ユングベリ。うわっ、難しいほう、言っちゃった。
見にくいパネル全部抜いて確認してみたいと思います。残念でございました。」
 リュンベリbb.JPG ユングベリaa.JPG エリカベリa.PNG 

 カルバン・クラインのモデルとしても有名な、フレドリック=ユングベリは
1977年、スウェーデンの生まれ。
 17歳で地元クラブでデビューした後、名門・アーセナルに移籍して
大活躍を収めました。また、スウェーデン代表としても2度のW杯を経験。
 2011年夏には清水エスパルスに加入し、ファンからの注目を集めています。

 「ということで、フレドリック=ユングベリ。彼のね、特徴的な赤い髪が
見えていたんですけれども、惜しかったなあ。」
続きを読む

J1第28節 甲府vs川崎

 2011 J1第28節 甲府vs川崎
 甲府のヴァンくんは川崎のフロン太くんと親友らしい。
 J's GOALでは、この2人(2頭?)のやりとりが写真にupされていて、
けっこう面白い。
 J's GOAL フォトニュース~甲府vs川崎F
 http://www.jsgoal.jp/photo/00083200/00083204.html

 20111001甲府川崎a.JPG
 
 さて、今日の試合。
 サッカーの試合中は“雰囲気”というものがある。
 ワンチャンスをモノに出来る雰囲気、いくら攻めてもゴールを
割れそうにない雰囲気。
 今日の甲府のそれは後者だったと言えよう。

 この試合、なんとしてでも勝ち点が欲しかった・・・。
続きを読む
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

_ ゴルファー

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。