HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  雑学・トリビア  »  インスタントコーヒーの蓋の開け方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インスタントコーヒーの蓋の開け方

 img2e6b9f33fzkt1o.jpg
 朝から「今日はツイてないなぁ・・・」と思う時がある。

 例えば、インスタントコーヒーの内蓋(アルミ箔のフタ)を開けようとしたら、
勢いあまって床にコーヒーを撒き散らかしてしまった時なんか。
 せっかく、おとといスーパーの安売りで買ったのにもったいない。
  
 そういえば開封時、この内蓋は全部剥がしたらいいのか、それとも
蓋は全部剥がさないほうがいいのか…。そんな疑問がふと浮かぶ。 

 きちんとした答えは、ネスカフェのサイトに載っていた。

 ネスカフェの百科事典
 エンサイクロペディア~フタのおはなし
 http://jp.nescafe.com/ency/taste.html 

 画像付きで細かいところまで説明されている。
 さて、それによれば…
 “内蓋シールは、ふちの部分を残し完全に切り取るのが一番。
 こうすると蓋がぴったりとしまるからです”と説明されている。

 
 なるほどねぇ、これが“公式”の開け方だったとは。
 ちなみにこのネスカフェのサイトは、コーヒーの歴史や硬水・軟水についてなど
へぇと思う部分がけっこうある。コーヒー好きなら読んで損はないかも。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

_ ゴルファー

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。