HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  サッカー   »  EURO  »  EURO2000 イングランドvsルーマニア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EURO2000 イングランドvsルーマニア

 世界73カ国サッカー解体新書.JPG
 先日買った本である、
『世界73カ国代表サッカー解体新書 1978~2005』
読んでいて、EURO2000のある一戦を思い出した。
 サッカー解体新書ルーマニア.JPG
 この本のルーマニアのページ。
 
 EURO2000 イングランドvsルーマニア
 ポルトガル、ドイツ、イングランドと同組になったルーマニア。 
 グループリーグ最終戦において、ここまでルーマニアは勝ち点「1」しか得られず、
イングランドに勝たねばGL敗退が決まる。
 一方のイングランドは勝ち点「3」。引分け以上でGL突破という有利な状況。
 
 あの名手、ゲオルゲ=ハジが出場停止というピンチの中で
ルーマニアがサッカーの母国を葬った劇的な試合だった。
 
 ルーマニアファンには、この試合のことを思い出すと
あの興奮が蘇る記念すべき一戦。
 キブ、ムトゥ、コントラといった若手が活躍して今後のルーマニアは安泰だ、と
この時は思ったのだが…。
関連記事
Comment
コントラ!!
全く同じ事を当時考えてました。将来安泰。
近い将来ルーマニアはワールドカップ決勝進出ありえるんじゃない、と。

今ではどうしてこうなった状態ですよね、期待していたブルガリアまでもが・・・
サンマリノのサッカー界もいろいろと面白いですよ!一緒にファンになります?w(プレーの質とかではなく)
斜陽の東欧
>ウーゴさん
 やはりこの動画、ウーゴさんなら分かってくれると思っていました!
 
 EURO2000のルーマニアは、ベテランと若手の融合がとれていて
強いチームでしたね。
 ハジ、ゲオルゲ=ポペスク、ムンテアーヌ、ペトレスクなどのベテランが
いい存在感を示していました。

 ああ、それなのに、どうして…。
 ムトゥは薬物に溺れ、コントラはミランから追い出され…。
 ブルガリアやルーマニアなどの東欧勢が国際舞台でまた陽の目を
見る日が来るんでしょうか。
 
 個人的には、今後ベルギーが台頭してくるのではないかなと思っていますが。

 サン・マリノのサッカー界とは、さすが目の付け所がウーゴさん…!
 ちょっと下調べしておきます。なんとなくジョルディ=クライフがコーチとか務めていそうな
雰囲気のリーグですがw
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

_ ゴルファー

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。