HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  サッカー   »  2011甲府  »  “ACL出場組キラー”甲府、J2降格。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ACL出場組キラー”甲府、J2降格。

 34試合・9勝6分19負(勝ち点33)
 総得点42、総失点63


 4年ぶりにJ1の舞台に上がってきたヴァンフォーレは1年で
J2に降格となってしまった。 

 僕なりの視点で、今シーズンの甲府を振り返ってみよう。
 1) ハーフナーの活躍
 これが今季の甲府にとって一番の明るいニュース。
 得点王こそ取れなかったが、17ゴールという結果は本当に素晴らしかった。
 もっと優秀なパートナーがいれば、さらに活躍できたかも知れないが
甲府の現状でそこまで求めるのは酷というもの。
 昨シーズンに比べ大幅な選手の入れ替え、そして監督の交代など
彼を活躍させるような配慮が足りなかったフロントの迷走っぷりに振り回されてしまった。
 
 2)監督の交代
 守備偏重主義の監督に指揮を任せたことで、昨シーズンまでの
攻撃的な姿勢が消されてしまった。 
 J1の舞台を知っている人に任せたい、という気持ちは分からなくもない。
 ただ、J2から昇格させた監督を解任させたのはクラブの士気にも影響したはずだ。
 シーズン途中で監督を交代させたものの、時すでに遅し。
 来シーズンの監督が甲府をどういうクラブへと変えていくのだろう。

 3)守備の不安定
 守備偏重でありながら失点数は63。これはリーグワースト3位。
 それまで攻撃に主体を置いたチームにとって、守備の意識が浸透しなかったこと、
そしてJ1の攻撃陣がJ2のそれとは大きく異なっていたこと、これらの点を
改善して行かない限りエレベータークラブからの脱却は難しい。

 4) “ACL出場組キラー”甲府
 9勝しか出来なかった甲府だが、ACL出場組には強かった。
 鹿島浦和名古屋ガンバセレッソにそれぞれ勝っていて、ガンバには2戦2勝!
 これは本当に胸のすく思いがして、甲府ファンで良かったと心底思った。
 ガンバファンには申し訳ないが、ガンバの優勝ができなかった要因に
甲府の影響があったのは間違いない。



 こうやって記事を書いていて、僕はヴァンフォーレが好きだと改めて思う。
 中銀スタの雰囲気、とりわけスタジアムを埋め尽くさんばかりの多くのサポーター。
 どの試合に行っても観客数は1万人以上いて、甲府になくてはならない存在なのだなあと
長野県民の僕はいつも羨ましく思った。
 それだけに今シーズンの結果は本当に残念でならない。この悔しさをバネに
絶対に1年でJ1に復帰して欲しい。
 
 来季は我が信州の松本山雅もJ2に上がってくるんだよなあ。
 そう考えると、来季のJ2戦線がすごく楽しみに思えてきた。

 サッカーの楽しみ方は人それぞれ、いろんなスタイルがあっていい。 
それでもやっぱり自分の応援しているクラブがあると、その勝敗に一喜一憂できる。
 これが僕にとってのサッカーの一番の醍醐味なんじゃないのかな、と思っている。
関連記事
Comment
ウラカンのホームページから来ました。

同じく、2)J1だからといって受け身にまわってしまって・・・
レッズもガンバもお荷物と言われてた時代が、他のチームサポみたいにフロントに苦言を呈する事も重要ですw
来期は個人能力を伸ばすにはうってつけ、2バック超攻撃的スタイルでお願いします。と?
時代を先どった最先端スタイル、知ってるだけでも2バック仕様の高校生チームが3チームほど有りますのでプロでも・・・明日と間違って早起きしたのは内緒ですw
>ウーゴさん
 ヴァレンシアが敗退し、もはやCLへの興味が
かなり削がれてしまった朝です。なんだかなあ…。

 >ウラカンのホームページから来ました。
 僕のブログは、いろんな海外のサッカークラブからもリンク
されていたんですね。来季の甲府に新戦力を是非お待ちしておりますw

> 同じく、2)J1だからといって受け身にまわってしまって・・・
> レッズもガンバもお荷物と言われてた時代が、
>他のチームサポみたいにフロントに苦言を呈する事も重要ですw

 守備偏重や新監督が悪いわけではないんですよね。
 それによって、クラブの新しい方向性や幅が広がることもあります。  

 ただ、クラブのスタイルの理解や戦術の浸透には時間がかかるし、
それをすぐ体現化しようとしたら、今のバ◯サぐらいしかできないんじゃないかなあ、と。
 ハーフナーが“批判コメントを残して退団”という記事が載っていましたけど、
あれは批判ではなく、“正論”であると僕は思います。 
 一度壊してしまったなら、また新たに作り直さなきゃいけない。
 …となると2バックスタイルという選択肢も…?(個人的には僕は2バック見てみたいのですがw)

 レッズもガンバもお荷物だった時代、ありましたね~。
 一方、ヴェルディはもはや見る影もなし…。さまざまな変遷を経て
これからのJはどういった戦国絵巻になっていくのでしょうか。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内記事検索
カレンダー&月別アーカイブ
Self-Design
  
 
最近の記事
人気記事ランキング
カテゴリー
コメント
プロフィール

_ ゴルファー

Author:_ ゴルファー

リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。